クレジットカード現金化って合法or違法?過去に逮捕された現金化業者の実例を公開

過去に逮捕された現金化業者の実例を公開

グレーゾーンとも呼ばれているにも関わらずクレジットカードのショッピング枠を使った現金化は、どうして利用者が多いのでしょうか?

クレジット現金化はカード会社の利用規約違反となってはいますが、次から次へ店舗がネットに登場している状態です。

当然、現金化業者もカードのショッピング枠を資金繰りのために使ってはいけないということは存じていますが、儲け主義の店舗は多いため一向にお店が減ることがありません。

また、現金化利用者も好都合にショッピング枠をお金に変えている人が多いのです。

ただ、クレジットカード現金化をする人の中にはショッピング枠を有効に使えたとしてもお金を用立てることは危険ではないかと不安がちな方もいるでしょう。

実際にクレジットカード現金化サービスを提供した業者が逮捕されてしまいました。

現金化業者が捕まったわけですから利用した側にも警察の手が届くのではと不安になるでしょう。

しかし、クレジットカードのショッピング枠を現金化した側に逮捕された人は未だにいません。

クレジットカード現金化って合法or違法?過去に逮捕された現金化業者の実例を公開しましょう。

カード現金化は賛否両論だが捕まったのは業者だけ

過去に逮捕された現金化業者の実例を公開
ブラックではないがグレーだと言われ続けている金策といえば、クレジットカード現金化が代表ではないでしょうか?

クレジットカードに付帯されているショッピング枠は買い物や飲食の支払いのときに代用できる物ですが、金銭を目的に使用することは許されていません。

クレジット信販会社はショッピング枠をお金に替える行為は利用規約に基づき一切認めておりませんので、現金化をしたことがバレてしまいますとお持ちのカードは使えなくなります。

それだけでなく、カード会社との契約が打ち切られてしまいショッピング枠の支払い残高があれば一括請求されることになるでしょう。

クレジット会社は規約を守らない方を除外したい考えなので現金化をした人とは関わりを今すぐに絶とうとします。

クレジットカード現金化は信販会社の利用規約違反となりますので、ショッピング枠をお金に替える行為は法律上どうなのでしょうか?

クレジットカード現金化は賛否両論ですが、業者は過去に捕まった前歴があります。

カード現金化は合法?それとも違法?

過去に逮捕された現金化業者の実例を公開
今のところ、クレジットカードのショッピング枠現金化はグレーの領域となりますので合法とも違法とも呼べないのが現状です。

しかし、現金化業者は逮捕されたのにも関わらず利用者は未だに捕まったことがありません。

どっちつかずとしか言えないのに、どうして現金化業者しか摘発されないのかは原因は不明です。

業者を擁護するわけではありませんが、クレジット現金化をしたことがカード会社に発覚した場合はそれなりのペナルティを科させられるだけで法的処置はされません。

クレジットカード現金化は合法?それとも違法?どちらなのかハッキリしないのが利用者を戸惑わせるのでしょう。

では、念のため過去に逮捕された現金化業者の実例をあげてみます。

過去にカード現金化業者が逮捕された理由!現金化の違法性まとめ

2016.05.18

過去に逮捕された現金化業者の実例

過去に逮捕された現金化業者の実例を公開
クレジットカード現金化では、業者だけが逮捕されているのですが取引内容や要因についてもお話したいと思います。

初めて現金化業者が逮捕されたのは、2011年になりますが原因は貸金業法出資法違反と言われておりますが、実際のところはそうではないようです。

この検挙された現金化業者は東京都台東区に拠点を構えており、クレジットカードの不正利用または詐欺行為が発覚したことが逮捕された要因だと言われております。

現金化業者にも詐欺を行う業者も存在する!最新の詐欺の手口を公開!

2016.05.27

逮捕された現金化業者の取引内容

過去に逮捕された現金化業者の実例を公開
今回、逮捕された現金化業者の実例をお話していますが、運が悪く警察に捕まったのではなく被害届が多かったということも要因の一つです。

カード現金化では換金率が醍醐味でありますが、この業者はショッピング枠10万円に対して8万円のお金を振込していました。

クレジットカード現金化で高額のショッピング枠の使用ではないのに換金率80%は良心的です。

換金率8割以上は業界内でも高めの数値ですが、どうして警察に捕まることになってしまったのでしょうか?

それは、取引内容に問題があったからです。

  • キャッシュバック方式の現金化に関わらず商品を配送していない
  • 2回目以降の取引は商品を送らない
  • 購入した商品を届けていない
  • 契約者に購入品を選ばず指定した物を買わせる

以上は、すべてキャッシュバック方式の現金化業者と取引をした場合に起こり得る要因です。

1番と2番の項目は契約者からしますと好都合ではありますが、ショッピングが成立しませんので取引内容が変わってしまいます。

以上のことを踏まえた取引内容が現金化業者が逮捕された要因となりますが、最も気になるのが被害届の中身です。

逮捕された現金化業者の手口

過去に逮捕された現金化業者の実例を公開
クレジットカード現金化で起こり得るトラブルは取引名から分かるようにお金に関することからでしょう。

クレジットカード現金化サービスを行っている店舗数は相当ありますので、悪質店が紛れ込んでいても不思議ではありません。

悪質現金化業者と聞きますと誰がどう見ても印象は悪く契約者を陥れるという風にしか見えないでしょう。

しかし、悪徳現金化業者といってもちょっとしたぼったくりしかしないで生き延びている店舗もあり、逮捕されたお店とは違って派手にやりすぎたことはしていません。

では、逮捕された現金化業者はどんな手口で契約者を陥れたのでしょうか?

  • クレジット情報を詐取した
  • 勝手にカード決済をしていた
  • 送金額を振込直前で変更した
  • 無理やり契約をさせた

以上を見てみましても阿漕なことをしていたから逮捕されても仕方がありませんが、クレジット現金化がカード会社の利用規約違反ということもあり泣き寝入りをした人は大勢いるでしょう。

どんなことがあろうと現金化業者に騙された場合は、すぐ警察に訴えましょう。

利用者にも逮捕される要素はある

過去に逮捕された現金化業者の実例を公開
クレジットカード現金化では業者側だけが悪者して見られていますが、果たして契約者側には何も問題点はないのでしょうか?

実は、クレジットカード現金化利用者にも逮捕される要素があります。

キャッシュバック方式の現金化をする場合、クレジットカードのショッピング枠をお金に替えるために使うわけですから信販会社を欺いています。

カード会社の利用規約違反を犯して金銭の工面をしているわけですから、ショッピング枠を現金化している行為は詐欺罪となるかもしれないのです。

また、買取方式の現金化をする場合も捕まってしまうかもしれない要因があります。

買取方式では主に換金性の高い商品を現金化業者が買い取ることで代金を手渡されますが、この行為は横領罪となってしまうかもしれません。

ショッピング枠で購入した品物はクレジット会社が代金を立て替えているので支払いは終わっていない以上は所有権はカード信販会社にあります。

まだ、クレジット信販会社への支払いが完済していない以上は私物化できていないので、勝手に転売する行為は犯罪になりかねません。

いづれにしても、どちらの方法で現金化の取引をしたとしても犯罪性があるというわけです。

未だ現金化利用者が逮捕されないのが現状ですが、今後の展開がどうなるかが分かりません。

不安を煽るわけではありませんが、もしかしたらクレジットカード現金化利用者で初の逮捕が使いうちに出るなんてことも考えられます。

実際、現金化業者を陥れる利用者を装った詐欺師もいるようですから、このことについてもお話する機会を設けたいと検討しているところです。

過去に逮捕された現金化業者の実例を公開


クレジットカード現金化初心者に向けた入門講座
使って良かった!クレジットカード現金化優良店紹介

ドコよりも早く!確実に1%でも多く現金化します!
和光クレジット

和光クレジットがお届けするショッピング枠現金化はスゴイ!赤字覚悟で挑戦!業界最高還元率にてお客様をお出迎えします!詳しくはメールにてお申込ください!

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。