現金化の取引方法によってはクレジットカード会社から一括請求されてしまう可能性がある

クレジットカード会社から一括請求されてしまう可能性

貯金を切り崩しお金を使うというのは、どうしてもためらってしまいます。

そんなときに便利に資金調達できるのが、クレジットカードのショッピング枠を使った現金化です。

カード現金化は利用後、使用したクレカの信販会社へ代金を立て替えてもらっているので返済しなくてはいけません。

昔では考えられないほどショッピング枠を使った現金化は取引方法が増えましたので、利用者はどのやり方で資金繰りをするのか考えてから業者と契約をすることになります。

しかし、現金化の取引方法によってはクレジットカード会社から一括請求されてしまう可能性があるのです。

クレジット現金化をしてカード会社から一括請求された人はいる

クレジットカード会社から一括請求されてしまう可能性
クレカを使った現金化の利用後は、取引業者ではなくカード信販会社へ使用したショッピング枠を返済する決まりになっています。

カードでお金の取引は通常のクレカのショッピングになりますので現金化業者へ返済するのではなくクレジット会社へ支払いをすれば良いのです。

クレジット現金化をした後は、カード会社からお届きになります利用明細書もしくはwebで返済額を確認することができます。

しかし、利用明細を明細を見て驚かれた人もいるのではないでしょうか?

最悪なケースとしては悪質現金化業者と契約をしてしまったため、返済金額がとんでもなく跳ね上がってしまった人もいるでしょう。

何これ!?現金化仲介業者を通したら利用明細書がとんでもないことに!

2016.06.14

それともう一つ言えるのが、支払額は当初言われていたとおりではあったが支払回数が1回で請求になっていたことです。

クレジット現金化をしてカード会社から一括請求された人はいます。

現金化の取引方法によっては一括請求されてしまう

クレジットカード会社から一括請求されてしまう可能性
どうして、クレジットカードのショッピング枠を使って現金化をしたら信販会社から全額請求されてしまったのでしょうか?

クレジット現金化は、変哲もないカードの買物と変わりはないわけですから支払い方法を選べる訳ではないのでしょうか?

カードでお金を工面するには現金化業者と取引をしなくてはいけません。

現在は自分で現金化を行っている人も多く、新幹線の回数券をカードで購入して金券ショップで転売している人がいたりブランド品をお買い求めて大黒屋などの買取専門店で換金している方も増えているのです。

新幹線の回数券を自分で現金化した結果、カードの利用停止になった悲惨な結末

2016.04.23

知ってましたか?現金化を自分でするならブランド品を転売するのが一番ですよ!

2016.04.22

この場合は、みどりの窓口やルイ・ヴィトンなどのクレジット加盟店でカードで買っているため支払い方法を選ぶことができるため、一括もしくは分割払いで返済をすることが可能となります。

では、何故クレジットカード現金化を取引業者を仲介して行うと一括請求となってしまうことがあるのでしょうか?

一括請求されてしまう場合

クレジットカード会社から一括請求されてしまう可能性
現金化業者と契約をしたがためにカード会社から使用したショッピング枠を一括請求されてしまった人は大勢います。

利用者も身に覚えがないわけではありませんし、ご自身の意思で現金化をしたわけですからクレジット信販会社へ期限通り返済をしなくてはいけません。

少額であれば一括払いは容易くできますが、数十万あるいは何百万円単位を1回で支払うことは非常に難しいことです。

クレジットカードを使って現金化をする場合は契約を交わす業者によって取引方法が異なります。

取引方法によって現金化は一括請求となってしまうのです。

とは言いつつ、すべての現金化の取引が支払い方法を選択できないわけではなく、中には返済の仕方を選べるやり方もございます。

買取方式は支払い回数を選べる

クレジットカード会社から一括請求されてしまう可能性
昔から馴染み深い買取方式は、自分でする現金化と同様に換金性の高い商品を購入して取引業者に転売する方法です。

高値で売れる物はさまざまですが、新幹線の切符はどこのJRでも分割払いで購入ができます。

高級ブランド品などはデパートなどでも販売していますし、百貨店でのカードの買物は支払い回数選択できますから、信販会社から送られてきます利用明細書を見なくても安心です。

買取方式は現金化業者とは関係のないお店で物を購入するので支払い回数を選ぶことができます。

キャッシュバック方式は選べない

クレジットカード会社から一括請求されてしまう可能性
最もクレジットカード現金化でお金の手配が早い取引方法がキャッシュバック方式でしょう。

キャッシュバック方式は簡単なネット手続きだけで資金調達ができるのですが、取引後のカード会社への返済は分割払いはできません。

キャッシュバック方式を行っている現金化業者が導入している端末は海外決済となることが多いため返済方法は選べないのです。

キャッシュバック方式の現金化をした後は一括請求となります。

但し、クレジット利用の締め日前にカード会社へ連絡をすれば後からリボ払いへの変更は可能です。

決済をしてから3日くらい経った後ではないと変えることができませんので、締め日を考えて利用いたしませんと支払い方法は一括になってしまいますのでご注意ください。

amazonギフト券買取も選べない

クレジットカードを使った現金化の買取方式に似たamazonギフト券買取も支払い方法が選べません。

amazonギフト券買取はそれぞれタイプ別に現金化が行われていますが、その中で最も換金率が高いのはEメールタイプです。

しかし、Eメールタイプのギフト券をamazon.co.jpで購入する際は支払い方法を選ぶことができませんので自動的に一括払いとなってしまいます。

よって、amazonギフト券現金化も一括請求となってしまいます。

但し、amazonギフト券を購入後はキャッシュバック方式と同様にクレジット信販会社へ電話をすれば返済方法をリボ払いへ変更することが可能です。

携帯キャリアの現金化は一括のみ

クレジットカード会社から一括請求されてしまう可能性
現金化する方法は何もクレジットカードを使わなくても携帯電話をお持ちなら資金調達ができます。

カードなしで即日現金化!注目の携帯キャリア決済現金化まとめ

2016.03.24

携帯電話の現金化は付帯されているキャリアで商品を購入し専門の買取業者に物を換金してもらうことでお金を手配することができる仕組みです。

しかし、携帯キャリア決済をしますと毎月の通話料と同時に払わなければいけないだけでなく、使用した分はすべて一括で支払わなければなりません。

携帯電話の現金化は、キャッシュバック方式やamazonギフト券買取のように返済方法を変更することは一切できないのです。

現金化がバレたら全額請求は余儀なくすることになる

クレジットカード会社から一括請求されてしまう可能性
現金化するまでにはクレカと携帯電話を使わなければいけませんが、取引方法によって一括請求となってしまうことが分かっております。

最初から返済方法を選べる買取方式、後ほど支払い変更ができるキャッシュバック方式やamazonギフト券買取はいずれにしてもクレジット信販会社の利用規約違反です。

どの方法であろうとも現金化がバレたら全額を一括請求を余儀なくすることになります。

カード会社は換金目当てにショッピング枠を使う人は断固して許しませんので、現金化をされた方にはそれなりのペナルティを与えるのです。

使用したショッピング枠の一括請求だけでなく、カードの所有権も剥奪されることになります。

クレジット現金化はリスクを背負ってする金策だということは肝に銘じてください。

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。