本当に大丈夫?取引するショッピング枠現金化業者の契約内容はヤバイかも

取引するショッピング枠現金化業者の契約内容はヤバイかも

お金に関わる取引事といえば消費者金融での借入が思い浮かびますが、貸金業法が改正されたため以前に比べてお金を借りるのは難しくなりました。

また、金融業者でお金を借りることができたとしても総量規制が完全施行されたことにより、年収の3分の1までしか借金ができないのです。

当然、専業主婦やフリーターの方たちは年収もなく定職に就いていないことから消費者金融での借入することはできません。

しかし、クレジットカードを持っていれば話は別でショッピング枠が残っている状態であれば現金化は可能です。

クレジットカード現金化は取引業者から借入をするわけではありませんので、査定されることもなくお金を用立てることができます。

クレジット現金化は職業や収入に関係なく年齢は20歳未満ですとできない場合がありますが、カードをお持ちの方であれば誰でもできる資金調達法です。

これだけ利便性のある金策であるにも関わらず、クレジットカード現金化はようやく知名度を広めたのでしょうか?

実は、クレジットカード現金化は昔からあるサービスで金融業者でお金が借りられない人が多くなってから認知度が高くなっただけなのです。

今ではさまざまな取引方法で現金化はできますが、カードのショッピング枠現金化は買取方式でしかやりとりができませんでした。

ネットが普及された頃からキャッシュバック方式が編み出されるようになり現在にいたります。

更にいえば、現金化業者は続々とネット上に出店し始め悪質店も紛れ込む状態になりました。

それだけでなく、取引内容に問題点がある現金化業者も続々と登場するようになったのです。

本当に大丈夫?取引するショッピング枠現金化業者の契約内容はヤバイかもしれません。

取引する現金化業者の契約内容はヤバイかも

取引するショッピング枠現金化業者の契約内容はヤバイかも
クレジットカードのショッピング枠現金化の取引方法は買取方式とキャッシュバック方式の2通りが主流となっています。

最近では、買取方式に似ているアマゾンギフト券現金化業者もネット上に続々と出店されましたので、クレジットカードを使って資金調達を考えている人たちは取引をするお店の選定に悩まれることでしょう。

クレジットカード現金化サービスを運営している店舗の中には悪質業者の可能性もありますので、利用者からしますと大変厄介な存在です。

悪質現金化業者に遭遇してしまい契約を交わすことになればえらい目に遭わされてしまうのは間違いないでしょう。

クレジットカード現金化に限らず取引事は悪質店との契約だけは避けなければなりません。

現金化の悪質店は見抜く方法がありますので知識さえ掴んでしまえば陥れられるようなことはありませんが、他にも注意点があります。

それは、取引するショッピング枠現金化業者の契約内容がヤバイことです。

現金化の取引方法に基づいていない

取引するショッピング枠現金化業者の契約内容はヤバイかも
クレジット現金化はショッピング枠を使って金銭の工面する方法ですが、カード会社の利用規約違反を犯した資金調達法です。

どんなことがあっても、カードのショッピング枠でお金を用立てたことはクレジット信販会社には知られてはいけません。

ショッピング枠で現金化をしたことがクレジット会社にバレてしまいますとカードがヤバイことに成りかねます。

利用規約違反を破るわけですからクレジットカードが利用停止になり、現金化以外でも使用したショッピング枠の支払い残高を一括請求されることでしょう。

換金目的、現金化行為はカード会社に対して利用規約違反?利用を行う際の注意点3選

2016.07.28
但し、信販会社にショッピング枠現金化をしたことが知れ渡ることさえなければ通常にクレジットカードは使用することができます。

それには、契約をする現金化業者によってクレジットカードの命運は決まるのではないでしょうか?

カード現金化は悪質店も目立ちますが正当な取引を行っていない業者も増え始めました。

接客態度も良く換金率も超が付くほどではないが高く送金スピードが早い現金化業者だからといって優良店とは言い切れません。

クレジットカードのショッピング枠現金化の取引方法に基づいていない業者が多くなったのです。

現金化業者のヤバイ契約内容

取引するショッピング枠現金化業者の契約内容はヤバイかも
クレジット枠現金化で資金調達する人の大半はお金が口座に着金されてカードが使えなくなるなんてことさえなければ、取引の詳細はどうでも良い考えの方が多いでしょう。

しかし、カードのショッピング枠現金化をする人も正当な取引を行わなければいけません。

ちゃんとした契約をすることによって、今後もクレジットカードが使用できるかどうか左右されるのです。

カードのショッピング枠現金化は悪質業者だけでなく、全うな取引をしていない店舗とも契約は避けなければいけません。

では、現金化業者のヤバイ契約内容について明かしていきましょう。

商品を契約者に配送しない

取引するショッピング枠現金化業者の契約内容はヤバイかも
キャッシュバック方式を行っている現金化業者は契約者に買っていただいた自社の商品をお届けしなくてはいけません。

キャッシュバック方式の現金化でお金を手配した人も取引業者から送られてくる商品はお受け取りいただかなくてはいけない決まりとなっています。

中には、自宅に商品が到着すると家族に何を買ったのか聞かれるのを嫌がる人もいて納品しない人がいるのです。

これは、規約違反となりますので商品を納めない方は、その現金化業者または系列店では契約を結ぶことはできないでしょう。

キャッシュバック方式では利用者側にこういった問題があることが想定されるのですが、現金化業者側にも規律を守らないことがあります。

商品を契約者に配送しないショッピング枠現金化業者はヤバイです。

キャッシュバック方式の現金化は特典付きの商品をショッピングすることによりお金が振り込まれる仕組みとなっているわけですから、買物をしたことにはなりません。

買取が成立していない

取引するショッピング枠現金化業者の契約内容はヤバイかも
買取方式は今では郵送型の現金化業者も存在するようになりましたが、以前は来店型の店頭でしか取引ができませんでした。

しかし、買取方式を行っている現金化業者は取引を蔑ろにすることがあるのです。

来店型の場合は、直接店頭に換金してもらう品物を転売しに行くので現物がなければ取引が成立しません。

郵送型の場合は2通りあって、来店型と同じように買い取ってもらう商品を購入し現金化業者に配送し到着次第、対象品を査定をしてもらい換金してもらいお金を振り込んでもらいます。

もう一つの郵送型のやりとりは、キャッシュバックと同様にネットショップで商品をお買い求めていただき受取人を現金化業者にし、品が取引店舗に到着後買取代金を送金してもらうやり方です。

しかし、上記の取引の仕方には問題点があります。

買取方式は所有権のある品物を現金化業者が換金することにより成立しますが、今回のケースですと対象とされる品物の現物が一切ありません。

このやり方ですと商品を送ったのか不明となっているので買取が成立していないヤバイショッピング枠現金化業者との契約となってしまいます。

また、この取引の仕方ですと貸金業者との契約となってしまうのでヤバイです。

ヤバイ契約内容の現金化業者は悪質店である恐れがある

取引するショッピング枠現金化業者の契約内容はヤバイかも
これらのやりとりは、ヤバイ現金化業者との取引に関わらずお金がちゃんと振り込まれカードに何も支障が出ないことから優良店と見受ける人が多いです。

カードのショッピング枠現金化の取引でお金がきっちり振り込まれることは当たり前のことです。

これくらいのことで優良現金化業者と見るのは判断材料が足りません。

現金化業者と取引を行う前に契約内容を確認した上で全うな店舗なのか判断ができるのではないでしょうか?

クレジットカードのショッピング枠現金化は悪質店との取引はもちろんのこと契約内容が雑な業者とのやりとりは避けるべきです。

取引するショッピング枠現金化業者の契約内容はヤバイかも


クレジットカード現金化初心者に向けた入門講座
使って良かった!クレジットカード現金化優良店紹介

ドコよりも早く!確実に1%でも多く現金化します!
和光クレジット

和光クレジットがお届けするショッピング枠現金化はスゴイ!赤字覚悟で挑戦!業界最高還元率にてお客様をお出迎えします!詳しくはメールにてお申込ください!

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。