審査がないクレジットカード現金化ではありますが本人確認不要では取引ができない

クレジットカード現金化ではありますが本人確認不要では取引ができない

お金を手配したいと思い、消費者金融に借入の申込をしても簡単に借りることはできません。

現在の貸金業法は新たに総量規制が施行されたこともあり、以前のように簡単にお金を借りることができなくなったのです。

前からもそうでしたがキャッシングやローンを組む場合は審査がありましたが、昔とは違い査定が厳しくなりました。

借入ができたとしても、年収の3分の1までしか借金ができないようになったのです。

法律によって定められたことであればルールに従わなければいけませんが、大した金額を借りるわけでなくても審査を通さなければいけません。

借入までには書面を交わした必要書類を提出しなければいけませんし、審査も短時間では終わらないだけでなく、必ずお金を借りれる保障もないのです。

そういった事情もあることから、消費者金融などの借入で資金調達を考えている人は頭を頭を抱えています。

そんな矢先に知名度を広め始めたのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化は審査不要で本人確認さえできれば誰でもできる資金調達法となっているので利用者が大変多くなりました。

カード現金化は審査は不要でできる

クレジットカード現金化ではありますが本人確認不要では取引ができない
消費者金融とクレジットカード現金化の取引では明らかに違う点があります。

それは、資金調達できるまでの審査の有無です。

消費者金融は貸金業が改正されたこともあり、簡単にお金を借りることができなくなりました。

また、自分が希望している額面を借入することがままなりません。

それに引き換え、クレジットカード現金化は審査不要でできます。

お持ちのカードに付帯されているショッピング枠の残高があれば現金化することは可能です。

クレジットカード現金化は、消費者金融で行う審査基準として職業や年収は一切関係ありませんので、専業主婦やフリーターの方からしますと大変利便性の高い金策といえます。

本人確認さえできれば誰でも現金化はできる

クレジットカード現金化ではありますが本人確認不要では取引ができない
クレジットカードのショッピング枠を使った現金化は取引業者に査定されることなく誰でもお金を手配することができると言われておりますが、そんな簡単に資金調達することができるのでしょうか?

大まかに、ショッピング枠現金化はクレカを持っていればできると申しましたが、カード名義人からの依頼では無ければ取引することはできません。

クレジット現金化は審査など書面を交わしたりするなど面倒な手続きなどはなくすぐにお金が手配できますが、不正利用をする輩が多いのでカード名義人からの申出でなければ取引ができないのです。

クレジットカード現金化は本人確認さえできれば誰でもできると置き換えさせていただきます。

必要書類は提出しなければいけない

クレジットカード現金化ではありますが本人確認不要では取引ができない
クレカのショッピング枠を現金化しようと考えて業者に依頼しても業者が取引に応じてくれないとなれば金銭の工面はできないということですが、具体的にどうすれば契約はできるのでしょうか?

現金化業者はカード名義人からの申込ではないと受付をしてはくれません。

どのようにして現金化業者は依頼人がカード名義人であることを確認しているのでしょうか?

お持ちの携帯電話のカメラ機能を使い現金化業者が指定した画像をお撮りいただき、取引業者が指定するメールアドレスまで写真を送信することで本人確認となります。

必要書類を提出しないと現金化業者は取引に応じてくれません。

では、現金化業者が指示する必要書類とは何なのでしょうか?

身分証明証

クレジットカード現金化ではありますが本人確認不要では取引ができない
クレジットカード現金化はどの業者と取引するにも身分証明書は必要不可欠です。

カードのショッピング枠の取引方法はさまざまではありますが、身分証をお持ちでない方は残念ながら取引はできません。

身分証といっても保険証しか持っていない場合、現金化業者は取引に応じないかもしれないのです。

仮にAさんが貴重品を落とされ、そのクレジットカードと身分証を拾われたBさんが名義人を偽って現金化をしようとすれば容易くできてしまいます。

そのため、写真付きの運転免許証やパスポートをお持ちでない方とは契約しない現金化業者もいるのです。

身分証を持った自画像

クレジットカード現金化ではありますが本人確認不要では取引ができない
保険証しか持っていないと現金化業者と取引ができないというのはどんな意味を表しているのでしょうか?

先程も申しましたようにクレジットカード現金化は身分証明できるものがないと簡単に不正利用ができてしまいます。

現金化業者がカード名義人からの依頼だと確信できるのは免許証もしくはパスポートの写真の人物から申し込み依頼をされていることです。

それには身分証を持った自画像を現金化業者に見せることでは本人確認となります。

身分証の写真と自撮りの画像が同一人物であることで本人確認が証明できるというわけです。

公的郵便物

クレジットカード現金化ではありますが本人確認不要では取引ができない
現金化業者は契約者の氏名は当然のこと年齢やお住まいを身分証で確認します。

しかし、引越しをされたばかりの方ですと住所変更届をしていないこともあり、免許証を見ても以前の住所のままになっていることでしょう。

そのため、免許証の裏面にも変更先が記載されていない場合もありますので公的な郵便物で本人確認することもあります。

本人確認できても不審者は取引ができない

クレジットカード現金化ではありますが本人確認不要では取引ができない
以上述べました3点に関してはすべて揃っていないとクレジットカード現金化ができないというわけではありません。

基本は身分証さえあれば、現金化業者は取引に応じてくれるでしょう。

クレジット現金化では悪質店も多いことからカード情報を盗み出されてしまった人もいれば詐欺被害に遭ってしまった方もいます。

申し込む前にチェック!カード情報を聞き出す悪質業者にご用心!

2016.04.16

カードでお金の取引ではクレジット情報だけは一切不要ですので、どんなことがあっても口頭で伝えてはいけませんし写メをしてはいけません。

いくら信用ができる現金化業者であったとしても、クレジットカードに関してはいかなる場合があっても他人には知られないようにしてください。

自画像や公的郵便物は無くてもクレジットカード現金化はできるということですが、どうしてこれだけの多くの画像を請求されるのでしょうか?

カードのショッピング枠現金化では利用する側に詐欺師もいて利用者を装い業者を陥れる悪人もいることが分かっております。

現金化業者は契約者には騙されまいと考えているので、身分証以外の画像を要求するしカード名義人からの申し込み依頼だという確証を得ようとしているのです。

現金化業者に言われたように画像を送ったのにも関わらず取引に応じてもらえなかった人も少なくはありません。

現金化業者も初めてやり取りをする人には警戒視をしていますので、カード所有者本人からの申込が確認できたとしても不審者に見られてしまいますと契約ができないのです。

取引後に何かしら問題が生じる人だと悟られますとクレジットカード現金化はできません。

クレジットカード現金化は本人確認不要ではもちろんのこと信頼を得られない人はできないということです。

これは、利用者だけでなく現金化業者にも言えることですが、互の信頼がないと契約事というのは非常に難しく、お金のやり取りとなれば尚更ではないでしょうか?

クレジットカード現金化は本人確認ができれば誰でも資金繰りができるわけではなく、怪しい人だと思われてしまいますとどこからも相手されなくなってしまいます。

あまりにも現金化業者を警戒しすぎますと却って相手側に不審がられご自身の立場が悪くなることがありますので気をつけてください。

失礼な言い方をしますと気難しい人は自分で現金化をした方が良いかもしれません。

自分でもできる!クレジット現金化の方法と注意点を教えます!

2016.03.26

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。