クレジット現金化の方法、キャッシュバック型と買い取り型どちらが安全?

クレジット現金化の方法、キャッシュバック型と買い取り型

今すぐ資金繰りができるカードでお金の現金化は知名度を広め利用される方も大勢となりました。

クレジット現金化は取引方法は様々となっておりキャッシュバック方式や買取方式は従来から取り入れられています。

しかし、クレジット現金化は違法行為だと言う人もいれば合法だと言われる方もいて賛否両論です。

果たして、カードのショッピング枠現金化は危険な資金調達法なのでしょうか。

クレジット現金化の方法、キャッシュバック型と買い取り型どちらが安全なのか検証してみました。

クレジット現金化の方法は多種多様

クレジット現金化の方法、キャッシュバック型と買い取り型
現金化業者との取引を希望する時に気にする点といえば送金時間と換金率です。

契約を交わす現金化業者によって手に入れられる額面や時間は異なります。

当然、誰もが送金手配が早く換金率が高い現金化業者を選び契約に臨むことでしょう。

上記の二項目に関しては取引方法によって変わります。

キャッシュバック方式であればクレジット決済後に銀行口座へお金が振込まれますのですぐに入金確認ができますが、買取方式は現金化業者に商品が渡ってから買取代金が送金されますのでお金を受取るまでに時間が掛かるのです。

また、キャッシュバック方式は大半がクレジット決済の際に手数料が差し引かれることが目に見えていますので換金率が引き下げられてしまいます。

買取方式では業者によって現金化する商品は同一であったとしても買取価格が異なりますので取引をするお店によって換金率に差が出るでしょう。

買取方式でいえばアマゾンギフト券現金化も含まれており、Eメールタイプやカード・印刷タイプの電子マネーを換金できる専門の買取業者もネット上には出店しています。

クレジット現金化の方法は多種多様で取引業者によって換金率や送金手配時間が異なるだけではなく危険が及ぶかもしれません。

クレジット現金化が危険と言われる由縁

クレジット現金化の方法、キャッシュバック型と買い取り型
カードのショッピング枠現金化をすることが危ないというのはどういうことなのでしょうか。

では、一度クレジット現金化の取引方法別に仕組みをおさらいしてみましょう。

キャッシュバック型は現金化業者が指定するオンラインショップにてカードでショッピングをしていただき購入した商品に付帯されている景品がお金となっておりますので特典として銀行口座に振込まれます。

片や買い取り型は字の如く現金化業者に品物を換金してもらうことで買取代金を来店型でしたら手渡しで、ネットでのやり取りでしたら対象品が取引業者に到着し査定が終り次第お金が銀行口座に送金されるのです。

以上の事柄がリスクを犯している様ですが、一体どこに問題点があるのでしょうか?

クレジット現金化が危険と言われる由縁を検証します。

キャッシュバック型と買い取り型どちらが危ない?

クレジット現金化の方法、キャッシュバック型と買い取り型
カードでお金が危険な資金調達法というのであればキャッシュバック型も買い取り型もリスクを伴うということです。

では、キャッシュバック型と買い取り型どちらが危ないのか?現金化が危険だと言われている由縁を確かめてみました。

キャッシュバック型はクレジット決済で商品を購入し景品としてお金が振込まれますが、実際にお買い求めた商品はお世辞にも価値のある品物とは言えません。

「景表法」には景品の受取りを目的に商品を販売することは禁止しておりますので、キャッシュバック型は明らかに現金化を目当てに品物を売っていますから違反となります。

消費者は被害に遭っているわけですから罰せられることはありません。

しかし、買い取り型ではそうはいかないようです。

買取方式は商品を現金化することで金銭の工面ができますが問題点があることが発覚しました。

クレジット現金化の買い取り型は換金性の高い商品を購入し転売することでお金の手配をすることができますが、カードで買った品物は信販会社に代金を立替えてもらっている状態です。

つまり、商品の所有権はカード会社にありますので現金化することは横領罪となってしまいます。

検証した結果、キャッシュバック型が安全だということが分かりましたが、買い取り型で現金化をしても利用者側が警察に逮捕された前例は一度もありません。

知らないと怖い!クレジットカード現金化の法律とは、果たして違法性はあるのか

2016.04.09

どちらも安全とは言い難い

クレジット現金化の方法、キャッシュバック型と買い取り型
キャッシュバック型と買い取り型の危険性を検証してみましたが結果的に利用者には逮捕者が一人もいないことが分かりました。

警察に捕まらなければクレジット現金化はやっても良いのかといえばそうでもなく危険要素が多いということも事実です。

しかし、総量規制が施行されている現代社会では消費者金融での借入がままなりませんし資金調達する方法はクレジット現金化しか頼ることができません。

クレジット現金化は危険と隣り合わせですが危険を顧みずに利用している人が多いのが現状です。

キャッシュバック型と買い取り型どちらも安全とは言い難いのでクレジット現金化をすること自体が本当は良くないのかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。