自分でもできる!クレジット現金化の方法と注意点を教えます!

自分でやる現金化

自分でやるクレジット現金化は注意が必要

自分でやる現金化の注意点

近年その利用者が増えているのがクレジットカード現金化という方法で、現金化するために現金化業者を利用して行うことが主流となっています。

しかしその場合優良業者であればさほどトラブルも少ないですが、悪徳業者をチョイスしてしまうと詐欺や暴利とも言える手数料を取られる、個人情報が流出するといった大きな問題に発展する場合もあり、なかなか業者を利用して現金化に踏み切れない人も少なくないと言えます。

そんな時は自分でクレジットカード現金化を行うのが最も安全な方法といえ、基本的には自分でクレジットカード現金化を行う場合には商品などを購入しそれを売却して現金に変えるという方法が主な現金化の方法となります。

ただし自分で現金化を行う場合にはクレジットカード利用に際して現金化がばれないように注意しなければならず、もしばれた場合には重いペナルティが待っていることになります。

自分で現金化をするのがバレてはいけない理由

自分でやる現金化がバレてはいけない理由
クレジットカード現金化を自分で行う場合、その行為は全て自分の自己責任の元行う必要があり、カード会社に現金化のために商品を購入したということがばれないようにしなければいけません。

ばれないようにしなければいけない理由としては、基本的な問題としてそもそもクレジットカードの利用に際しては現金化するということがカードの利用規定で禁止されており、カード会社の禁止している行為に当たるためです。

法律的には自分で購入した商品を売却して現金に変える行為は特に違法ではありませんし、それが違法であるならばリサイクルショップや金券ショップは全て違法ということになります。

その為売却するという行為ではなく、明らかに最初から現金化目的でクレジットカードを利用して買い物をするという使い方が問題視されますので、自分でクレジットカードの現金化を行おうと考えているのであれば、その行為がばれないように細心の注意を払わないといけません。

現金化のために選んだ商品や購入する数や回数によっても現金化の疑いをかけられてしまうこともありますので、自分で現金化を行う場合にはそういった点にも注意して現金化を行う必要があります。

クレジットカード現金化の方法とは?

クレジット現金化の様々な方法
自分でクレジットカードの現金化を行う場合に用いる方法としては、金券などの購入による現金化、換金率の高い商品を購入しての現金化、Amazonギフト券を購入しての現金化、QUOカードを購入して現金化、新幹線の回数券で現金化といったような方法があります。

基本的にはどの方法も自分のクレジットカードを利用して何かを購入することから始める必要があり、それをどこかに売却するという売却先もあらかじめ探しておく必要があります。
まず金券を購入して売却する方法は、デパートなどで売られている金券を購入しそれを金券ショップで売却して現金化する方法ですが、この方法の場合全国共通百貨店共通券に関してはクレジットカードで購入することが出来ないため現金化を行うことが出来ません。

これはクレジットカードでの金券類の購入がカード会社により禁止されているためで、特に全国共通百貨店共通券は換金率も高いため、百貨店側もクレジットカードでの購入を出来ないようにしています。

しかしそれ以外の地方のデパート商品券などはクレジットカードでの購入が可能な場合がありますので、それを購入し金券ショップで換金すると良いでしょう。金券の場合は使用期限が無いため換金率が高く設定されていますので、上手に換金すればかなり高い換金率で現金化できるでしょう。

Amazonギフト券での現金化方法

Amazonギフト券の現金化方法
Amazonギフト券での現金化にはカード型やシート型、印刷型やEメールタイプといった色々なAmazonギフト券があるためどれをチョイスすればよいか悩むところですが、最も換金率の高いのはEメールタイプの転送可能なものとなります。

Eメールタイプの購入はAmazonのサイトから行うことが出来、Amazonギフト券の場合にはクレジットカード決済が可能になっているため金券では禁止されていることが多いクレジット決済も可能となります。

EメールタイプのAmazonギフト券を購入した場合には、web上で買い取りを行なっている買い取り業者を利用して換金することになります。

街の金券ショップではAmazonギフト券の買い取りは行われていない場合がほとんどで、その理由は金券ショップだとAmazonギフト券が使用されているものかどうか、期限は大丈夫かどうかが判断できないためです。

しかしwebでAmazonギフト券を専門で買取りしている業者の場合は96%程度の高い換金率で買い取りをしてくれる場合もあります。

注意点としては一度に多額のAmazonギフト券をアマゾンでクレジット決済した場合、アマゾン側の判断で購入がストップさせられてしまうこともあるので、購入するのであれば2万円程度の購入に留め、頻繁に購入を繰り返すのもやめたほうが良いでしょう。

この場合はカード会社に目をつけられてしまいますので、現金化がばれる可能性があります。

新幹線回数券での現金化方法

新幹線回数券の現金化
新幹線の回数券を購入する方法は、換金率も高く非常に現金化しやすい方法です。

やり方も新幹線の回数券を購入してそれを金券ショップで換金するだけですので手間もそれほどかかりませんが、新幹線の回数券の場合使用期限が3ヶ月と短いため、購入後すぐに換金する必要があります。

期限が切迫している回数券の場合は換金率が低くなる場合もあるので注意が必要ですし、あまりにも大量の回数券を購入すると、JRがカード会社に照会をする場合もあるので現金化がばれる可能性が高くなるので、回数券を購入する場合もやりすぎには注意が必要です。

QUOカードでの現金化方法

QUOカードでの現金化方法
QUOカードも換金率が高い金券の一種ですが、実はQUOカードの場合はファミマでファミマTカードを利用してクレジット決済が可能となっています。

換金率も95%以上のところが多く、特に利用者の多い500円のQUOカードは換金率が額面が高額なものより高い場合が多いので、QUOカードを購入するのであれば500円のQUOカードをまとめて買うほうが良いでしょう。

その他の現金化方法

その他の現金化方法
商品を購入し売却して現金化する方法としては、人気のブランド腕時計やバッグといった換金率の高い商品を選び、それをブランドショップなどに買い取りしてもらうことで現金化が行えます。

ただしこの方法の場合、商品の換金率は日々変化していますし、ブランド自体に人気があっても商品に人気が無ければ換金率も大きく異なることになるので、商品のチョイスが非常に重要となります。

それと頻繁に同じようなブランド品ばかりクレジット決済していると、ほぼ間違いなく現金化を疑われます。基本的にブランド品で現金化を行う場合には商品の種類が似通ってくるので、そこから現金化がばれることになります。

自分で現金化をするのはよく考えて

自分での現金化はよく考えて
自分で現金化を行う場合、自己責任というリスクが生じますし、頻繁に現金化を行うとばれる可能性が高くなるだけでなく、現金化したクレジットカードの支払いも増えていくことになります。

現金化はお金が沸いて出るわけではなく、あくまでもクレジットカードを使用しているため支払いが発生するということを忘れないようにし、必要と感じたときだけ利用するようにすることがトラブルや現金化がばれるのを防ぐことになるでしょう。

自分でやる現金化


クレジットカード現金化初心者に向けた入門講座
使って良かった!クレジットカード現金化優良店紹介

ドコよりも早く!確実に1%でも多く現金化します!
和光クレジット

和光クレジットがお届けするショッピング枠現金化はスゴイ!赤字覚悟で挑戦!業界最高還元率にてお客様をお出迎えします!詳しくはメールにてお申込ください!

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。