そんな態度してたら契約はできませんよ!現金化業者が嫌がる依頼者のタイプとは

現金化業者が嫌がる依頼者のタイプ

ギャンブルが好きな人はお金を惜しむことなく使い込んでしまうことでしょう。

賭け事に負けても懲りずにお金を流し込むかのように使い続ける人が多いです。

パチンコや競馬その他にも一獲千金を狙ったバクチ好きな人にはお金はいくらあっても足りないでしょう。

しかし、現実を見ればお金が無ければ生活もできません。

生活をしていく上では、食費や家賃その他にも公共料金や電話代が必要最低限かかります。

そんな状況に陥ったときに実用的なのがクレジットカード現金化です。

クレジット現金化はお持ちの銀行口座にも寄りますが、当日中にお金の手配をすることができます。

それには現金化業者と契約を交わさなければいけません。

カード現金化したければ取引業者を選定し申込み依頼をすれば良いのですが、中には断られてしまった人もいるようです。

クレカの現金化は未成年の方ですと契約ができないこともありますが、申し込みしたのにも関わらず業者から拒絶されることなんてあるのでしょうか?

クレカを持っているからといって現金化できるとは限らない

現金化ができるとは限らない
クレジット現金化ができる資格をお持ちの人は年齢は18歳以上でカードのショッピング枠が残っているというのが最低条件です。

それ以外に身分証明書と本人名義の銀行口座があれば仕事をしていない状態であってもカード現金化はできます。

これだけの単純な条件だけでお金の工面ができる資金調達法はクレジットカード現金化以外には無いでしょう。

カード現金化で手配したお金の用途は自由ですので、パチスロをするなどのギャンブルにだって許されておりますが有効に活用するべきです。

ショッピング枠を有効活用して現金化したい!こんな方々がよく利用されているベスト7選

2016.09.09

人によってお金の使い道はさまざまですがクレジット現金化はカード払いができないお店での利用に役立ちます。

医療費や車の修理代などは現金でしか払えないため待ってもらうことができたとしても、いづれにせよ支払わなければならない料金です。

しかし、クレカを持っているからといって現金化できるとは限りません。

現金化業者に煙たがれると契約はできない

煙たがれると契約できない
クレジット現金化はカードのショッピング枠さえ残っていれば誰でもできるのですが、業者から契約を拒まれてしまう人もいるのです。

クレジットカード現金化をしたくて申込み依頼をしたのにも関わらず、どうして業者に拒絶されてしまったのでしょうか?

クレジットカード現金化では悪質業者もいますが、利用する側にも詐欺師がいます。

ショッピング枠を使って現金化をしたことがカード会社に発覚したとしても今の法律では裁かれないことを理由に信販会社に不正使用されたことを明かすのです。

もちろん、お金が現金化業者に振り込まれてからなので計画的で非常に性質が悪く現金化業者を悪人へ仕立てます。

お金を詐取したのにも関わらず現金化業者だけが悪者とされてしまう結果となってしまうのです。

利用者を偽って現金化業者からお金をふんだる輩も多く不審者に思われてしまいますと取引はできないでしょう。

それ以外にも現金化業者に煙たがれてしまう人も契約はできません。

現金化業者に嫌がられる人のタイプ

嫌がられる人のタイプ
クレジットカード現金化をしたいと考えているのに業者に依頼を拒まれてしまう人とはどんな人なのでしょうか?

初めて取引をする現金化業者は利用者からしてみれば得体が知れない存在です。

それと同時に現金化業者も依頼者がどういう人なのかが分かりません。

お互いに警戒し合うことになるでしょうけれども、現金化業者は自分たちが提示する換金率に納得してもらい最低必要書類を提出してくれる方でしたら契約はしてくれるでしょう。

しかし、中には現金化業者から詐欺師に見られていませんが取引ができずに交渉が終ってしまった人もいます。

その理由は単純なことで現金化業者に煙たがられてしまったからです。

では、現金化業者に嫌がられる人はどんなタイプなのでしょうか?

これから、クレジットカード現金化を検討している方には必見です。

悲観的なことしか言わない人

悲観的
クレジットカード現金化の初心者はどの店舗で資金調達するにしても不安がちです。

また、利用経験者であっても初めて契約する業者でカードのショッピング枠現金化には緊張感を持つでしょう。

どの店舗で現金化をするにしても安心できるお店を選ぼうとすることは良いことです。

現金化業者に電話問い合わせをして聞きたいことを質問することは大変良い心構えなのですが悲観的なことしか言わない人は嫌われるかもしません。

クレジットカード現金化は利用者から合意を得て契約を交わす訳ですから、半信半疑で取引する人は後でトラブルに成りかねないと判断されてしまうため業者から依頼を断られるケースも考えられます。

横柄な態度をしている人

横柄な態度
どの商売でもお客様は神様と言いますが何をしたって許されるわけではありません。

飲食店ではお酒を飲むことだってありますから酔った勢いで態度が悪いお客も多くお店側としてはムカつくこともありますが笑顔で接客をします。

とはいえ、あまりにも周りの方に迷惑をかけるようであれば出禁となるかもしれません。

クレジットカード現金化でも自分が客だからといって横柄な態度をしている人は申し込みをしようとしても受付け自体を拒まれるでしょう。

客観的に見ますといろいろな客がいるわけですから我慢して対応するというのがサービスというものなのでしょうが、恐らく現金化業者の大半は「生意気」「舐めてる」というように態度が悪い方とは契約はしません。

質問攻めしかしない人

質問攻め
クレジットカード現金化をする人は業者にお問い合わせの上、安心して取引できるお店と取引をするでしょう。

そのためには各業者を比較することだと思いますが質問攻めしかしない人は嫌われます。

確かにカードのショッピング枠を現金化をするにいたってはいろいろなことを知りたいという気持ちは分かりますが、業者を困らせるようなことばかり聞く人は契約ができないかもしれません。

逆に現金化業者から依頼者に丁重に尋ねると否定的なことしか言わない人もいて現金化業者に煙たがれるでしょう。

お互いの信頼がないと取引はできない

お互いの信頼
悲観的で質問攻めしかせず横柄な態度をしていたら現金化業者とは契約ができませんよ!

こういった依頼者のタイプは現金化業者が最も嫌います。

現金化業者にそりが合わないと思われてしまってはお金を用立ててもらうことができません。

それならば、自分で高換金できる物をカードで購入し転売してしまえば業者を通さずともできます。

現金化を自分でするならアレを売るのがうってつけ!高換金できる商品一覧

2016.09.21

自分で現金化をするのであれば段取りはすべて一人で行わなければならずお金を手配するまでに時間もかかってしまうです。

そういった事情から現金化業者と取引をした方が早くお金を工面できることから自分で行うことを断念する人もいます。

やはり、現金化業者と契約をした方が手っ取り早く資金調達ができますし手間がかかりません。

クレジットカード現金化で大切なのはお互いの信頼です。

業者も依頼者も互いに信頼し合ってこそ成り立つ取引事となりますが、どちらかというと利用者側が委ねる気持ちが欠いている場合があります。

確かに現金化業者は表面上は良く見えても裏では何をしでかすか分からないので油断は禁物ですがある程度の妥協は必要です。

それには、取引をする現金化業者の選定も大事ですが利用者も覚悟を持って契約に臨んでいただかないといけません。

現金化業者が嫌がる依頼者のタイプ


クレジットカード現金化初心者に向けた入門講座
使って良かった!クレジットカード現金化優良店紹介

ドコよりも早く!確実に1%でも多く現金化します!
和光クレジット

和光クレジットがお届けするショッピング枠現金化はスゴイ!赤字覚悟で挑戦!業界最高還元率にてお客様をお出迎えします!詳しくはメールにてお申込ください!

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。