クレジットカード現金化は業者だけが法律で裁かれている

クレジットカード現金化をしても法律で裁かれない

総量規制が施行されてからは消費者金融やキャッシングの借入がままなりませんので、クレジットカードのショッピング枠現金化は手頃な資金調達ということもあり利用者が多いのでしょう。

クレジットカード現金化は法律と密接な関係を持ち合わせていることも事実です。

しかし、未だに利用者側に逮捕者が出ていないこともありクレジットカード現金化で資金繰りをすることを恐れない人が大勢います。

現金化業者が検挙されている事例はございますが、利用側はどういう訳か捕まったということは報道されたことがありません。

クレジットカード現金化は業者だけが法律で裁かれています。

クレジットカード現金化を運営している業者は貸金業法違反で捕まっているのに対して利用者はどんな事情があろうと逮捕されないのはどうしてなのでしょうか。

現金化業者は逮捕されている

クレジットカード現金化をしても法律で裁かれない

クレジットカード現金化はグレーゾーンであることもあってか批判する声が多く危険な資金調達だと言われています。

ブラックに近いクレジットカード現金化はマイナスイメージしかありません。

そもそもカードのショッピング枠を換金目的に使用することはクレジット信販会社は認めておらず現金化はしてはいけない行為です。

とは言いつつもクレジットカード現金化を利用している人は年々増えております。

2011年から貸金業法が改正され総量規制が施行されたこともあり、今では簡単に消費者金融での借入ができなくなりましたのでクレジットカード現金化は大変手頃な資金調達になるのです。

また、クレジットカードを持っている人の中にはキャッシング枠が付帯されていないこともあってショッピング枠を使って現金化をする人が増えつつあります。

キャッシング枠は使いますとカード会社へ一括で返済しなくてはいけませんが、現金化はショッピング枠を使用しますので支払い方法を選ぶことが可能です。

カードのショッピング枠現金化は大変手頃な資金策ではありますが、クレジット信販会社の利用規約違反ということもあり批判的な声ばかりが飛び交うのでしょう。

現金化業者は逮捕されていることもあり、更に世間からの風当たりが強くなっているのです。

クレジットカード現金化は法律違反?

クレジットカード現金化をしても法律で裁かれない
クレジットカードのショッピング枠を使って現金化することは賛否両論となっておりますが、批判的な声の方が多くあがっています。

やはり、カード会社の利用規約違反をして資金調達をしている行為は見過ごすわけにはいかないと立ちはだかるのが法律弁護士です。

本当にクレジットカード現金化は法律違反にあたるのでしょうか?

カードでお金の看板を掲げている現金化業者は堂々と店舗を構えていますし、ネット上に存在しているお店も通常に運営しております。

クレジットカード現金化が違法というのであれば警察は黙ってはいないはずです。

しかし、2011年にはクレジットカード現金化では初の逮捕業者が出ました。

現金化業者が逮捕されたなら利用者も捕まるの?

クレジットカード現金化をしても法律で裁かれない

クレジットカード現金化業者が逮捕された理由は貸金業法の出資法違反とのことで、詳細はあやふやにされています。

現金化業者が捕まったこともあり、一時的にカードのショッピング枠を使って資金調達をする人も減りました。

現金化業者が逮捕されたなら利用者も捕まるのではないかと不安がちになったからです。

しかし、未だにクレジットカード現金化をした人が捕まったという事件は一度も起こっておらず法律とは無縁の資金策として見られています。

クレジットカード現金化をしても法律で裁かれないのは不公平じゃないのかと不満を持つ業者もいるのではないでしょうか。

カードでお金は現金化業者だけでなく利用者側にも法律に触れる問題点も多いです。

現金化をすると捕まる可能性はある

woman-surprise

先程も述べましたがカードのショッピング枠を使って現金化をすることはクレジット信販会社の利用規約違反を犯していますので本来はやってはいけません。

クレジットカード現金化は違法ではないがカード会社の規約違反!

2016.03.21

クレジット会社にショッピング枠現金化をしたことが発覚してしまいますとお持ちのカードを強制的に剥奪されてしまいます。

それだけでなく、ショッピング枠現金化をした分の返済だけでなくその他の支払い残高も全て一括請求されるなどクレジット信販会社は規約を違反する人には無情となるのです。

クレジットカード現金化はショッピング枠を使って金銭を工面しているので信販会社を欺いている行為として、詐欺罪に該当します。

また、クレジット決済で購入した商品はカード会社が代金を立替えているので信販会社への支払いが完済していない状況で転売してしまいますと、横領罪に該当するのでショッピング枠現金化はれっきとした犯罪です。

よって、クレジットカード現金化は捕まる可能性があり警察に検挙されている人がいないとしても、いつ逮捕されてもおかしくはありません。

クレジットカード現金化を利用して法律で裁かれてしまう人を目の当たりにするのも近いのかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。