注意!クレジット枠現金化業者が行う悪質な詐欺行為について

クレジット枠現金化業者が行う悪質な詐欺行為

誰もが取引事をする上で気掛かりなのが詐欺に遭わないかということではないでしょうか。

クレジット現金化は一昔前はそれほどお店はありませんでしたが需要が高いため続々とネット上に店舗が出店し始めました。

しかし、クレジット枠現金化で資金調達をする人を付け狙う悪質業者によって騙されてしまった人もいることが判明しています。

では、カード現金化をする時はどうしたら悪徳業者との契約を避けることができるのでしょうか。

クレジット現金化で気をつけたいのは詐欺業者との契約

クレジット枠現金化業者が行う悪質な詐欺行為
クレジット枠現金化はショッピング枠残高があるカードをお持ちの方でしたら誰でも資金調達ができる金策として知名度を広めました。

総量規制が施行されたこともあり消費者金融での借入ができない人も増えキャッシング製減額が低いこともありクレジット現金化でお金の工面をすることは画期的です。

しかし、クレジットカードで現金化を利用している人を陥れようと企んでいる悪徳業者がネットに潜んでいることもあり騙された被害者もいます。

クレジット現金化で最も気をつけたいのは詐欺業者との契約です。

しかし、悪質な詐欺業者の手口が分かりませんと気をつけようがありません。

クレジット枠現金化業者が行う悪質な詐欺行為についてお話していきたいと思っています。

詐欺業者の罠に掛からないためには

クレジット枠現金化業者が行う悪質な詐欺行為
クレジット現金化自体がグレーゾーンと呼ばれていることもあり、どの業者も悪質店と思われてしまいがちですが利用者との信頼関係を最も大事にしている店舗は少なくありません。

信頼関係を築きたいのは利用者側だけでなく現金化業者も同じ考えです。

クレジット枠現金化では詐欺業者がいるのは確かなことなのですが利用者側にも悪事を企てようとしている輩もいて逆に騙された業者もいます。

現金化業者は詐欺師を見抜くことには長けておりますので不審者と判断した場合は依頼されたとしても決して契約には応じません。

では、ここからが本題でクレジット現金化では利用者が詐欺業者の罠に掛からないためにはどうしたら良いのかお話しましょう。

クレジット現金化の詐欺はいくつもある

クレジット枠現金化業者が行う悪質な詐欺行為
自分は絶対に騙されないと思っている人に限って被害に遭ってしまうのが振込め詐欺です。

クレジット現金化でも詐欺被害が相次いでおり利用者を脅かす悪質店は日々増えています。

このような事態のクレジット現金化ですが利用者は減ることなくむしろ増えているのです。

クレジット現金化は手頃に資金繰りができるという点ではどの金策よりも融通性が利くということもありお金に困っている人には実用的なのでしょう。

では、本題に入りたいと思いますのでクレジット現金化の詐欺をいくつかお話したいと思います。

今からお話しすることは「本当にあるの?」と首を傾げてしまうかと思いますが実話に基づいたことです。

クレジット情報を騙し取る

クレジット枠現金化業者が行う悪質な詐欺行為
大半の現金化業者はキャッシュバック方式を用いて取引を行うことになりますが自社で端末を導入することができないため決済代行会社と提携しています。

社会的信用が低い現金化業者ではクレジット加盟店と契約することができないので代わりに決済依頼できる代行業者と契約をしているのです。

クレジット現金化ではどの店舗と契約を結ぶにしても身分証を取引業者に提示することができない方は取引をすることができません。

また、写真が付いている運転免許証やパスポート等の身分証明書を持参していないと現金化の契約をしてくれない業者もいます。

身分証を提示するといっても現物を現金化業者に送るのではなく、携帯電話の写メールで画像を送信するかもしくはコピーした物をFAXするだけです。

しかし、身分証以外にクレジット情報を騙し取る詐欺業者もいてまんまと教えてしまった人も大勢います。

クレジットカードの安全面に疎い方ですと裏面に記されているセキュリティコードまでも現金化業者に写メールで見せてしまうなんてこともあり危険です。

クレジットカード情報が現金化業者に行き渡りますと悪用される恐れがあります。

実際に身に覚えがない支払い請求がカード会社から届き致し方なく支払ってしまった人も大勢いてクレジット情報を教えてしまった現金化業者の仕業に違いないでしょう。

キャッシュバック方式の取引ではクレジット決済は利用者が自ら行いますので現金化業者にカード情報を教えてはいけません。

現金化業者と契約の際にクレジット情報を請求するお店は詐欺業者だと断定しても良いでしょう。

申し込む前にチェック!カード情報を聞き出す悪質業者にご用心!

2016.04.16

紹介屋として仲介手数料を騙し取る

クレジット枠現金化業者が行う悪質な詐欺行為
キャッシュバック方式の現金化業者は決済代行業者と提携をしているのですが変わった端末を設けているのです。

日常カードで買物をした後はwebもしくはクレジット会社から届きます利用明細書を見ますと使用したショッピング額とお店の内訳を知ることができます。

しかし、キャッシュバック方式の現金化業者と契約後に利用明細を確認しますと利用のショッピング枠は分かるようになっておりますが、どのお店で使ったかが不明となっているのです。

現金化業者が提携する決済代行会社の端末でカードを切りますと海外決済となるためどこで何を購入したのかが一切分からないようになっています。

特別な決済端末を使用するため国内発行元のJCBカードは額面によっては通すことができないこともあるのです。

カードの銘柄によっては海外決済をしますと面倒なことも起きることから現金化業者は提携している代行会社を通した契約を好みません。

とは言いつつ、依頼者から何かしら料金を取ろうと企てており他の現金化業者を紹介するのです。

もちろん、斡旋した現金化業者とは係りはありません。

クレジット現金化の紹介屋として仲介手数料を騙し取ろうと策略しており、他の現金化業者と契約が成立した際は入金額の数%を振込みをさせるのです。

当然、現金化業者を教えてもらったからといって仲介手数料を支払う必要はありません。

クレジット現金化の詐欺業者を見定めることが大事

クレジット枠現金化業者が行う悪質な詐欺行為
以上がいくつかあるクレジット現金化の詐欺ですが、この他にもあると聞きますが私が知っている情報はここまでとなっております。

お金に関わる取引事には何かと悪徳業者が付き物でクレジット現金化も一部分の店舗には悪質店が存在していますが用心していれば騙されることはありません。

クレジット枠現金化業者が行う悪質な詐欺行為には注意です!

詐欺業者が行う悪事は巧妙ですが現金化では取引するお店に支払う料金は一切ございません。

支払いはクレジット信販のみですから契約をする現金化業者から何か口実をつけられたとしても料金を支払ってはいけません。

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。