現金化業者にも詐欺を行う業者も存在する!最新の詐欺の手口を公開!

現金化業者にも詐欺を行う業者も存在

昔から今も悪名高い資金調達法といえばクレジットカード現金化があげられます。

クレジットカード現金化は誰でも利用できるとはいえグレーゾーンとも呼ばれている金策ですから、使うのにも恐れが多いのではないでしょうか。

実際にカード現金化では利用者が取引業者によって陥れられている被害が相次いでいます。

これは、クレジット現金化の詐欺業者の手口によるもので次々と被害者が続出しているのです。

現金化業者にも詐欺を行う業者も存在しています!最新の詐欺の手口を公開しましょう!

現金化業者に騙された被害者は大勢いる

現金化業者にも詐欺を行う業者も存在
クレジットカード現金化を利用する人達は取引店舗を選び契約をすることでお金の手配ができます。

取引をする現金化業者の選考の仕方は人によって異なりますが判断力が重要です。

クレジットカード現金化業者を選定する基準は何を重視するかによって絞られてきます。

送金時間が早いお店は大変人気があり、高換金率設定業者よりも依頼者が多いことが分かっておりクレジットカード現金化では時間を重点にしているようです。

資金繰りをしたい人は今すぐ現金を用立てたいと考えている方が多く、換金率はどのお店もさほど変わらないと思われている人が大勢います。

全く換金率設定を気にしていないという訳ではありませんが、高い数値ですと却って怪しいと冷静な判断をする人が多いのです。

クレジットカード現金化の経験者は換金率が契約時に引き下げられるということを分かっておりますので受取れる額面よりも入金時間を気にします。

現金化で換金率ばかりに気を取られてばかりの人のいきさつといえば詐欺業者との契約です。

現金化業者に騙された被害者は大勢いますのでどんな手口であったかお教えしましょう。

現金化業者の詐欺の手口

現金化業者にも詐欺を行う業者も存在
クレジットカード現金化を利用した人は満足できたと言われることもあれば災難だったと嘆く方に分かれることでしょう。

現金化で満足できた方はお金に困ったことがあれば前回利用した業者と改めて契約をしますが、不運だった人は二度と使うまいという気持ちになります。

カード現金化を利用して不運に見舞われた人は取引業者に騙されてしまった方が大勢です。

では、現金化業者の詐欺の手口を公開しましょう。

入金額が全然違っていた

現金化業者にも詐欺を行う業者も存在
クレジット現金化を利用希望する人は業者が公開しているホームページを見ますが、恐らく真っ先にチェックするのは換金率だろうと思います。

カード現金化では換金率によって受取れる額面が異なりますから利用するのであれば高い数値を表記している店舗と取引をしたいと考えるのはごく普通です。

しかし、高換金率表記の現金化業者と契約をしてしまったため騙された人がいます。

現金化業者がネットで公表している換金率通りに契約することはほぼできません。

仮にご利用ショッピング枠が20万円で換金率が92%であるとしたら18万4千円が銀行口座に送金されます。

しかし、現金化業者は不透明な手数料を差し引きする等不可解な理由で必ずと言っていいほど実質の数値は下がるでしょう。

恐らくこの場合は70%~75%前後まで引き下げられてしまうと予想できます。

業者が提示する換金率って何ですか?その内訳と真実を暴露

2016.03.29

契約時に依頼者に事情を説明し承諾を得てからの送金であれば詐欺にはなりませんが、何も聞かれなかったからと言ってさじ加減で決まる換金率で送金するのは悪質です。

銀行口座の残高確認をしたら入金額が全然違っていたなんてことはクレジットカード現金化では起こりえることですから取引をする現金化業者に正確な換金率を確認してから契約を交わしてください。

キャンセル料を払わされた

現金化業者にも詐欺を行う業者も存在
先程伝えましたようにクレジットカード現金化では業者が提示している換金率は契約時に引き下げられるのは目に見えていますが、ご納得いかなければキャンセルが可能です。

しかし、現金化業者も簡単に引き下がらないことがあり契約解除させてくれないこともあります。

無理やりに契約をさせる現金化業者もいて利用者にキャンセルをさせてくれないのです。

また、どうしても契約を破棄したいのであればキャンセル料金を払えば打ち切りにしてくれるという条件を理由に料金を払わせるのです。

中には最初からキャンセルを持ち込ませようとする魂胆の現金化業者もいて取引をしていないのにも関わらずお金を騙し取ろうとします。

結果、キャンセル料金を払わされたという人も多く現金化の詐欺の手口は目に余るものがあります。

これから先も現金化の利用者に魔の手は伸びるでしょう。

最新の現金化業者の詐欺の手口

現金化業者にも詐欺を行う業者も存在
クレジットカード現金化で間違いなく詐欺だと言われている業者の手口があります。

最新の現金化業者の詐欺の手口を公開しましょう。

カードのショッピング枠現金化ではクレジット決済が完了次第、取引業者から銀行口座へ送金手配がされます。

しかし、詐欺業者との契約ですと送金される予定の額面が着金されていないのです。

すぐさま現金化業者に事情を確認しますと入金回数は2度に渡って送金するという話を持ち掛けられてしまい全額着金とはならないと言われました。

上記については事前に説明をする現金化業者もいますが大半がしません。

これから現金化の利用者を陥れようとしている業者が親切に手口を言うわけがなく取引が進んでいき詐欺被害に遭ってしまうのです。

中には一度目の送金で安心しきってしまい、次に銀行口座に入金してもらうことを忘れてしまい騙されたことに気づかない人もいます。

当日残りの送金がされる予定でしたが入金がされておらず取引業者に問い合わせをしても話をはぐらかされるばかりで結局は送金されないまま契約が終了してしまうのです。

この現金化業者の騙しの手口に憤りを感じる人が多いですがそのままにしてしまう人が多いのです。

騙されたら泣き寝入りせず警察へ

現金化業者にも詐欺を行う業者も存在
クレジットカード現金化をして騙された人達は業者に怒りが込み上げてくるはずですが警察へ訴え出ることがありません。

そもそもカード現金化は利用規約違反となりますのでクレジット会社にショッピング枠を金銭目当てに使ったことがばれてしまいますと自分の立場が危うくなります。

そういった事情からカードの利用停止を恐れる人が多いので泣き寝入りしてしまうのです。

しかし、このような詐欺業者を野放しにしてはいけません。

騙されてしまったのは気の毒なことだと同情はしますが人の弱みに付け込む詐欺業者を許してはならず騙されたら泣き寝入りせず警察へ訴え出る勇気を持ってください。

クレジットカード現金化をした人が悪いのではなく詐欺行為をする業者が悪いのですが、このお金のやり取りでは優良店との巡りあわせとならないことがありますので取引業者の選定は慎重に行いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。