今さら聞けない!キャッシュバック現金化方式のメリット・デメリット

キャッシュバック現金化方式

キャッシュバック方式の現金化の仕組み

キャッシュバック現金化方式
今すぐお金の手配をしたい時に使われるようになったクレジットカードのショッピング枠の現金化ですが、取引方法は様々で従来からあるのが買取方式です。

それからというもののネット社会になってからは、キャッシュバック方式が現金化業界に登場し主流となっていったのです。

買取方式に似た取引方法ですとamazonギフト券を換金できるお店が次々と出展するなど、今まで以上に現金化ができる店舗が多くなりました。

では、改めてキャッシュバック方式の現金化の仕組みについてお話しましょう。

クレジットカード現金化のキャッシュバック方式は、もれなく型と言われており取引業者が指定しますネットショップでクレジット決済にて商品をご購入していただき、景品としてお金が振込まれます。

ご指定の銀行口座へ送金されてからは、後日ご指定しました場所へ商品が送られてきますので到着後に納品していただき取引が完了となります。

クレジット現金化は通常のカードのショッピングですので購入した商品を契約者は原則として受取らなくてはいけません。

これが、キャッシュバック方式の現金化の全容です。

キャッシュバック方式のメリットとデメリット

キャッシュバック現金化方式
クレジットカード現金化は手頃にできる資金調達法として多数の方から利用されるようになりましたが利点もあれば欠点もあります。

ショッピング枠現金化を利用したことがある人の中には、キャッシュバック方式の業者と契約を交わしたことがあるという方もいることでしょう。

しかし、キャッシュバック方式の現金化についてメリットとデメリットを存じている人はどれだけいることでしょうか。

今さら聞くのもどうかと思いますがキャッシュバック現金化方式のメリット・デメリットについて再確認しましょう。

キャッシュバック方式のメリット

キャッシュバック現金化方式
取引業者によりますがクレジットカード現金化で最も早くお金の手配ができるのがキャッシュバック方式だと言われています。

買取方式ですと商品をお買い上げいただてから換金してもらうお店まで持っていくかもしくは配送してから到着後に査定が済んでからの現金化になりますので送金手配してもらうまでに時間が掛かってしまうのです。

しかし、キャッシュバック方式の現金化であれば購入した商品がご自宅に届く前にクレジット決済を取引業者が確認できれば、即日入金となりますので当日中にお金の工面ができます。

キャッシュバック方式のメリットは短時間で現金化ができることです。

今すぐにお金を用立てたい方には最適と言えるのではないでしょうか。

キャッシュバック方式のデメリット

キャッシュバック現金化方式
ショッピング枠現金化はクレジット決済の認証ができてから業者に送金手配をしてもらいます。

カードを切った後に入金となるのであれば現金化業者は決済端末を導入しなければなりませんが、クレジット信販会社と敵対関係にある間柄ですから自社端末を用いることができません。

その為、現金化業者は決済代行会社と提携しながら運営しているのですが、国内でカードを使っても海外で買物をしたことになります。

クレジット信販会社はカード所有者に利用規約として換金目的に使用することを禁じていますので、現金化業者が導入している端末は海外決済だということを把握しています。

キャッシュバック方式の現金化業者と契約をしますと、どの店舗も海外決済なのでカード会社はマークしているのです。

キャッシュバック方式のデメリットはカードの利用停止になりやすいということが分かっています。

キャッシュバック方式の現金化業者は決済に関して詳しい

キャッシュバック現金化方式
先程、キャッシュバック現金化方式のメリットとデメリットについて述べさせていただきましたが、この方法での現金化はリスクが伴いますので利用の際は注意が必要です。

キャッシュバック方式の現金化業者の大半が海外決済での契約となるから危険というわけではなく、手続きの仕方によってはカード会社から難を逃れることができます。

クレジットカード現金化の取引で海外決済をすることが決していけないことではありません。

クレジット現金化を希望している人が持っているカードの種類や銘柄はそれぞれ異なりショッピング枠残高も違いますので利用の仕方は変わるでしょう。

VisaやMasterのクレカでキャッシュバック方式の現金化業者と契約するにあたっては決済代行業が導入した端末でカードを通す際、高額のショッピング枠を使用するのであれば額面を分けて数回処理をしますと何故かクレジット信販会社から不審に見られません。

国内発行のJCBカードは一度に決済をする額面を10万円までに抑えますとクレジット信販会社に認証がされやすくなります。

キャッシュバック方式の現金化業者は決済に関して詳しいのです。

カードの発行元によってはキャッシュバック方式は避けるべき

キャッシュバック現金化方式
先程、クレジット現金化のキャッシュバック方式をご利用される際はカードブランドによっては決済する額面には慎重に行わなければいけないということを伝えましたが、発行元に問題点があるのです。

三井住友銀行や西日本銀行が発行されているクレジットカード会社は換金目的のショッピングには非常に厳しく取締をしているので決済代行業と提携しているキャッシュバック方式の現金化業者に対してのマークしています。

カードの発行元によってはキャッシュバック方式は避けるべきかもしれません。

銀行が発行元のカードだと現金化は止めた方が良いといってもクレジット信販会社も全ての海外決済が換金目当ての使用だとは断定することは困難です。

三井住友・西日本シティ銀行のクレジットカードでキャッシュバック方式の現金化業者と契約する場合は、高額であっても一度の決済金額を8万円以下にして数回に分けて端末に通しますと信販会社も欺けます。

銀行系のクレジットカードで現金化をする時はキャッシュバック方式ではない業者と取引をするのが無難かもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。