クレジットカード現金化のデメリット!100%の換金率は絶対ありえない

100%の換金率は絶対ありえない

クレジットカード現金化を利用して資金調達をするならばできるだけ高い換金率で利用したいと願うことでしょう。

ネット上で公開されている現金化業者の公式ホームページを訪問し、表示されている換金率をご覧いただきますと店舗ごとに換金率の数値は異なっております。

現金化業者が提示している換金率の表記の仕方は最大や最高もしくは一律というようにそれぞれ違っていますが、100%と記載されていることはありません。

果たして、クレジットカード現金化では換金率100%の契約はできないのでしょうか?

クレジットカード現金化で換金率100%では利用できない

100%の換金率は絶対ありえない
皆様がクレジットカードの現金化を行う時は好条件で利用できる店舗を選ぶと思います。

クレジットカード現金化で最も人気のある項目といえば「スピード」で送金時間が早いお店は利用者からも信頼されリピーターが多いことでしょう。

とは言いつつも、クレジットカード現金化はお金を手配できるサービスなので「換金率」が気になる所ではないでしょうか。

大袈裟な表現をしますが現金化では、換金率が生命線とも言える項目で1%でも数値が高ければ手元に振込まれる額面は多くなります。

送金時間が早く対応も良い業者で現金化の契約をすると思いますが、高換金率設定というのは欠かせないでしょう。

現金化を利用する人達は高い換金率を提示してくれる業者との契約を求めてネット上を隈なく探し回ることだと思いますが、恐らくホームページで100%を表記している店舗はありません。

クレジットカード現金化で換金率100%では利用できない理由があるのです。

換金率100%だと現金化業者の収益が0!

100%の換金率は絶対ありえない
クレジットカード現金化業者は収益を求めて会社を運営しておりますので依頼者とはできるだけ低い換金率で契約をしたいと考えています。

現金化業者が公開しているホームページには換金率90%以上が表記されておりますが、取引すると提示される数値は引き下げられるのです。

キャッシュバック方式を行っている現金化業者の言い分としては「クレジット決済をする際に手数料が掛かるので費用込みの換金率表記です。」と申すことが多く還元率は低くされてしまいます。

結局の所、表記されている換金率は現金化を利用している人に興味を惹かせるだけの数値なだけで想像していた取引ができません。

現金化業者は利益を追求する企業ですので利用者に提示する換金率は低く見積もり、何度リピートしても還元率は一定のままとなるでしょう。

当然、換金率100%だと現金化業者の収益が0ですから、どのお店で取引をするにしてもご利用のショッピング枠金額がそのまま振込まれることはありません。

クレジットカード現金化をする際の正しい換金率の見極め方

2016.03.23

現金化を利用する上でのデメリット

woman-dmerit
現金化は取引する店舗によって換金率が異なるので少しでも数値を高く提示してくれる業者との契約ではないと入手できる額面に差が出ます。

クレジットカード現金化では換金率がままならない契約だということがお分かりいただけたかと思いますが、他にもデメリットがあるのです。

使用するショッピング枠によってはキャッシングの方がお得

100%の換金率は絶対ありえない
クレジットカード現金化はご利用できるショッピング枠範囲内であれば上限額はありませんので、残高分全て使い切っても構いません。

しかし、キャッシング枠が利用できる状況であれば借入れをした方が良い時があります。

例えば、ショッピング枠1万円分を現金化した場合、換金率は恐らく低く見積もられ60%代に引き下げられることが予想できますから、キャッシング枠を1万円分使用すればそのままの額面が借入ができます。

よって、使用するショッピング枠によってはキャッシングの方がお得なのです。

悪徳業者との取引になるかもしれない

100%の換金率は絶対ありえない
先程、現金化の手続きをする上で換金率は引き下げられると申しましたが、業者によっては規定以上に手数料を過剰に差し引くこともあります。

クレジット決済手数料といっても内訳が不明となっており、本来取引をする際に必要な料金なのかが分かりません。

クレジットカード現金化では悪徳業者の存在もありますので契約を交わしたお店が悪質店であることも考えられますので、換金率を低く下げられてしまうことがあります。

クレジットカード現金化は悪徳業者との取引になるかもしれませんので用心しなくてはいけません。

クレジットカード現金化の悪質・悪徳業者にはご用心!

2016.03.25

換金率は高くても80%代

woman-en
まず、クレジットカード現金化のデメリットとして100%の換金率は絶対ありえないということがご理解いただけたかと思います。

クレジットカード現金化サービスは取引業者によって不透明な手数料を差し引かれてしまいますので、換金率に大差が出てしまうのです。

良心的に取引をしてくれるお店でも換金率は高くても80%代が妥当ではないでしょうか。

クレジット決済手数料分を差し引き、利用するショッピング枠の80%分を契約者に送金したとしても現金化業者側には利益は出るでしょう。

現金化業者の大半は少しでも多くの収益を求めますので赤字となるサービスは提供はしません。

クレジットカード現金化で高望みをしますと失敗することが考えら得ますので、80%代の換金率を提示してくれる業者を選ぶように心掛けましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。