お米を買って現金化?違法性の高いキャンセル方式に着目

お米を買って現金化は違法性の高いキャンセル方式

クレジットカード現金化は契約する業者によって取引方法が異なります。

その取引方法の中には、皆様が食卓で口にするお米を使って現金化をすることができるようなのですが、どんな手順なのでしょうか。

お米で現金化!?

お米を買って現金化違法性の高いキャンセル方式
クレジットカードのショッピング枠現金化は様々な取引方法が産み出されていますが、お米を使って資金調達ができるってことをご存知でしょうか。

お米で現金化とは何のことだかさっぱり分からないと思いますので、どんな資金調達法なのか解説したいと思います。

まず、特定の食品販売サイトでお米をクレジット決済にて買っていただき、手続きを終えてから3日以内にキャンセルを購入先に申し出るだけです。

クレジット決済後、キャンセルを致しますと使用したショッピング枠は現金として返金されます。

但し、クレジット決済を行ってから経過日数が3日以上ですとキャンセルができなくなりますので現金化が不可能となりますのでご注意ください。

では、その他の現金化の取引方法も紹介したいと思います。

現金化は様々な取引方法がある

お米を買って現金化違法性の高いキャンセル方式
クレジットカード現金化の元祖といえば買取方式で今でも健在ですが、ネット社会になってからはキャッシュバック方式を取り入れた業者が多くなりました。

それからというものの、この2通りの資金繰り以外にもアマゾンギフト券の買取や携帯電話を使った現金化等、取引の仕方は契約するお店によって異なります。

では、ここで現在ある現金化の取引方法をおさらいしてみましょう。

買取方式

お米を買って現金化違法性の高いキャンセル方式に着目
昔から馴染み深い買取方式の現金化は来店型しかありませんでしたが、現在はネットを通じて取引ができるようになりました。

取引先によって現金化してくれる物はそれぞれ異なり、大半の業者が換金性の高い商品を対象とし買取代金を手渡しております。

主に新幹線の回数券や金券類は販売価格とさほど変わらない額面で買取ってもらうことができます。

それ以外にも高級ブランド品や電化製品を買取ってくれる現金化業者もいれば、ゲーム機を換金してくれるお店もあったりと買取方式で扱われている商品は様々です。

買取現金化を行う場合は業者を通すのが定石

2016.03.22

キャッシュバック方式

お米を買って現金化違法性の高いキャンセル方式に着目
買取方式と並ぶくらい歴史があるキャッシュバック方式は、現金化業者が指定するオンラインショップでクレジット決済で商品を購入していただき、景品としてお金が振込まれる仕組みとなっています。

クレジット決済さえ完了すればご指定の銀行口座にお金が振込まれますが、現金を手にした時点で取引は終ってはおりません。

お買い上げされた商品は、後日指定の配送先に到着しますので納品していただいて取引が完了です。

尚、契約者様は購入品をお受け取りいただくことが原則となっております。

今さら聞けない!キャッシュバック現金化方式のメリット・デメリット

2016.04.07

アマゾンギフト券買取

お米を買って現金化違法性の高いキャンセル方式に着目
従来からある買取方式と似ているのがアマゾンギフト券現金化です。

こちらの取引の場合は既にお持ちいただいているアマゾンギフト券でも現金化することができます。

アマゾンギフト券買取ではどの種類でも取扱われいるというわけではなくEメールタイプのみとなっていることが多く、その他のカードタイプや印刷タイプですと対象外とされていることがあります。

使ってみて分かった!買取率を引き下げる悪質アマゾンギフト券現金化業者の存在

2016.04.12

携帯電話のキャリア決済現金化

お米を買って現金化違法性の高いキャンセル方式に着目
クレジットカードをお持ちでない方もしくはショッピング枠残高がない方に実用的なのが携帯電話のキャリア決済現金化です。

各携帯電話の機種にはおまとめ払いが付帯されており、これを利用して取引業者が指定するお店で商品を購入し換金することでお金の手配ができます。

但し、毎月の通話料金と同時に支払わなければいけませんのでクレジットカードの返済のように分割払いをすることはできません。

【速報】携帯電話のキャリア決済現金化の全容とデメリットを公開

2016.04.10

違法性が高い現金化もある

お米を買って現金化違法性の高いキャンセル方式に着目
以上述べました取引方法が現在行われている現金化の取引方法ですが、買取方式では決済代行会社を通して買物をさせ、提携先からの入金されるので貸金業の出資法違反と違法性があります。

それだけでなく、キャッシュバック方式は景品表法に基づいたもれなく型だから違法性はないと言われておりますが、現金を目的に価値の無い商品を交わせていますので違法性が高いのです。

これ以外にも、まだ述べていませんが現金化では色々な取引が用いられているのですがお米を使った方法があることをご存知でしょうか。

一体、お米で現金化ができるとはどんな取引方法なのか検証してみましょう。

お米を使った現金化とは?

お米を買って現金化違法性の高いキャンセル方式
YahooかGoogleで「大五郎農園」と入力し検索していただきますと現金化サイトがピックアップできます。

こちらは食卓で並ぶお米の販売サイトなのですが、実際の運営目的は現金化なのです。

クレジットカードで買物をした後、購入した物が不良品だったので返品をしますと使用したショッピング枠は現金として返金されます。

しかし、大五郎農園の場合は最初から現金化を目的とした商売をしており、物の販売は一切行っておりません。

購入日から三日以内にクレジット決済を取消してしまえば、返金ができると書かれていますが違法性は無いのでしょうか。

キャンセル方式の現金化は違法

お米を買って現金化違法性の高いキャンセル方式
お米を買って現金化違法性の高いキャンセル方式に着目してみましょう。

大五郎農園は食品販売サイトであるにも関わらず、amazonギフト券の購入方法や支払い方法が掲載されているのです。

しかも、お米は販売されておらずクレジット決済をしてキャンセルをすれば使用したショッピング枠はそのまま返金されると現金化ができることを題材に謳っています。

購入した商品が不良品で替えの物が無く致し方なく返品するといったことなら不自然ではありませんが、行為的にキャンセルを金銭の工面をすることは問題ではないでしょうか。

間違いなくキャンセル方式の現金化は違法ですので止めましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。