ショッピング枠現金化の買取方式は横領罪に該当する!?買取方式の違法性を最高裁判所の前例から検証!

ショッピング枠現金化買取方式の違法性

ショッピング枠現金化を利用していると時折「現金化の利用は横領罪に問われる危険性がある」という記事を見ます。

確かに、現金化業者が逮捕されるという事例もあるため、違法性については現金化サービスの今後の大きな課題となるでしょう。

しかし、他の比較サイトを見ると「現金化は違法ではない」とまったく正反対のことが書かれています。

何故、このようなまったく意見が食い違うことになってしまったのでしょうか?

どんなサービスを利用するにしても、違法性については気になりますよね。

実はこの横領罪に問われるとは、買取方式による現金化の場合は事実でした。

今回はショッピング枠現金化が違法だと言われる買取方式を裁判所の前例から検証します。

ショッピング枠現金化は利用規約違反

ショッピング枠現金化買取方式の違法性
まず、一番初めに念頭に入れておかなければいけないことが、ショッピング枠現金化は違法かどうか以前に利用規約によって禁止されている行為だと言うことです。

2006年に制定された総量規制によって、ショッピング枠現金化は1/3以上の借り入れを可能にしてしまうとしてカード会社に禁止されることになりました。

当然、禁止されている以上、発覚してしまえば利用停止や強制退会、最悪代金の一括請求をされることもあります。

ショッピング枠現金化自体がカードが利用停止になるリスクのあるものだということを忘れないでください。

しかし、これはあくまでクレジットカードが利用停止になっただけの話なので信用情報に傷は付いてしまいますが、犯罪とまではなりません。

クレジットカードが使えなくなるのは大きいデメリットですが、即座に逮捕されることは絶対にありません。

あくまで通常の現金化取引を行っていれば横領罪には該当しないというのが共通見解です。

現金化が行為がカード会社にバレる可能性は何パーセント?利用停止にならない方法とリスク回避を教えます!

2016.09.12

違法として犯罪となる買取方式

ショッピング枠現金化買取方式の違法性

では、違法となってしまう通常ではない現金化取引とは一体何なのでしょうか?

冒頭でも語りましたが、それは商品買取による現金化サービスです。

この商品買取式の現金化の流れは

指定された商品を購入⇒現金化業者に売却⇒入金確認

という流れになります。

ここで違法となっているのは、商品の行方です。

実はクレジットカードで購入した商品は代金を完済し終わるまで所有権はカード会社にあります。

これを所有権の留保というのですが、そのため商品を売却する行為が横領罪や詐欺罪に抵触してしまうのです。

所有権留保(しょゆうけんりゅうほ)とは、売主が売買代金を担保するため、代金が完済されるまで引渡しの終えた目的物の所有権を留保するもの。
売買契約中の特約により行われる。非典型担保の一つである。
クレジットカードによる商品購入の場合はカード会員規約の条項に従い、代金完済までカード会社に所有権が留保されるのが通例である。
参考:Wikipedia

つまり、商品買取式は自分の物を売ったと思っていたとしても、所有権はカード会社にあるため、「人の物を勝手に売却し利益を得た」となってしまいます。

これまで利用者が横領罪によって逮捕されたという話は聞きませんし、利用者も多いためこれからも逮捕者が出ることは無いと思いますが、少しでもクリーンなサービスを利用したいと思うのであれば買取方式の現金化は利用しないほうがいいでしょう。

返済の意思があっても買取方式は横領罪に

ショッピング枠現金化買取方式の違法性

クレジットカード現金化の買取方式を利用すると、支払日にカード会社より利用代金の請求がきます。

この時に利用者がカード会社に利用金額分の返済を全額支払ったとしても、横領行為があったことには変わらないとされます。

同様に、クレジットカード現金化の買取方式を利用して初めからカード会社への返済を全額支払うつもりがあったとしても、横領罪として捉えられます。

これは昭和24年3月8日の最高裁判所によって既に判例が示されています。

占有者において不法に専有したものを後日に補填する意思が行為時にあったからとて横領罪の成立を妨げるものではない。
参考:裁判所

このことから逮捕された利用者こそ出ていないものの、クレジットカード現金化の買取方式は横領罪となる可能性が高いと言えます。

これから買取方式の現金化を利用しようと考えている人は買取方式は横領罪に問われる可能性があるということを忘れずに覚悟の上で利用してください。

キャッシュバック式は違法性無し

ショッピング枠現金化買取方式の違法性

買取方式の現金化は利用しただけで、利用者は横領罪に抵触することになります。

よって、現金化が違法性のあるサービスであるという主張は間違ってはいません。

では、違法性のない現金化の方法は無いのでしょうか?

実はキャッシュバック式の現金化を利用することで現金化の違法性を完全に無くすことができます。

キャッシュバック式の手順は

  1. キャッシュバック付の商品を購入
  2. 現金化業者が購入を確認
  3. キャッシュバック分の現金振り込み

となっています。

ここの重要なポイントがキャッシュバック式現金化は商品を現金化業者に売却したワケではないということです。

ショッピング枠現金化が違法されてる理由はカード会社に所有権のある商品を売却したことにあります。

しかし、キャッシュバック式はこのように元からキャッシュバックの付いた商品を購入するだけのため横領罪に抵触することはないのです。

キャッシュバック式の現金化が今もっとも安全な方法であると断言しても良いでしょう。

キャッシュバック式現金化の注意点

ショッピング枠現金化買取方式の違法性

安全なキャッシュバック式ですが、実は注意点が1つだけあります。

この注意点を知らなければ、知らずの間にキャッシュバック式が違法な行為となってしまう可能性がありますので注意しましょう。

その注意点とは、ずばり商品の受け取りを必ず行なうことです。

キャッシュバック式を利用した場合、現金はすぐに入金されますが商品はそうはいきません。

後日になり現金化業者から購入した元となる商品が送られてきます。

しかし、利用者の目的はお金を手に入れることなので、この商品受け取りを拒否する利用者も稀にいます。

この商品を受け取らないことによって警察には商品取引が成立しなかったという見方をされます。

そうなれば、「商品取引を偽造した貸金業」とされ業者が逮捕されることになってしまうのです。

もちろん、そうなれば利用者もカード会社を騙したとして詐欺罪に問われる可能性は充分にあります。

両方にとって嬉しくない結果となってしまいますので、キャッシュバック式を利用するときには必ず商品を受け取らなくてはなりません。

商品の配送の無い悪徳業者に注意

ショッピング枠現金化買取方式の違法性
利用者が商品を受け取らなかっただけでなく、そもそも現金化業者が商品を配送してこない可能性もあります。

その場合でも商品の売買が行われていないとして、違法性のある現金化となってしまいます。

事実、商品の受け渡しを行なっていなかった現金化業者が逮捕されるという事例がいくつも起こりました。

現金化業者を暴く!違法性の高い商品買い取り偽装を行う仕組みと裏の顔

2016.07.14

商品受け取りの必要無しと言われると、手間が省けて利用者のとってメリットのある方法のように聞こえますが、実際にはキャッシュバック式を違法性のあるサービスとするだけになりますので、そういった現金化業者の利用は絶対に止めておきましょう。

正しい手順を踏んで現金化を行えば違法の無い手段となりますが、その手順を間違えてしまえば罪に問われることもありますので注意しなくてはなりません。

現金化はグレーなサービスということを忘れずに

ショッピング枠現金化買取方式の違法性

元来からある商品買取式による現金化は違法性があることや利用停止のリスクが高くなっています。

最高裁判所の判決が出ていることから、法律の観点から見ても利用しただけで横領罪に問われることになります。

逮捕されることはありませんが、少しでも安全性を高めるためにも商品買取式ではなくキャッシュバック式を利用した現金化を活用していくのが良いでしょう。

とはいえ、このクレジットカード現金化サービスは元々がグレーなサービスであることを忘れてはいけません。

法律上問題がないとは言っても、法の抜け道を付いた方法なので手順を間違えてしまえば思わぬところから違法性のあるサービスとなってしまうこともあります。

現金化が安全なサービスとなるかどうかはあなたの手順次第です。

ショッピング枠現金化サービスは商品の行方によって安全性の変わるサービスなので、皆さんも現金化を活用する際には商品の行方を意識しながら利用しましょう。

ショッピング枠現金化買取方式の違法性


クレジットカード現金化初心者に向けた入門講座
使って良かった!クレジットカード現金化優良店紹介

ドコよりも早く!確実に1%でも多く現金化します!
和光クレジット

和光クレジットがお届けするショッピング枠現金化はスゴイ!赤字覚悟で挑戦!業界最高還元率にてお客様をお出迎えします!詳しくはメールにてお申込ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。