現金化が行為がカード会社にバレる可能性は何パーセント?利用停止にならない方法とリスク回避を教えます!

利用停止にならない方法とリスク回避を教えます!

大変利便性のある資金調達法ということでクレジットカードのショッピング枠現金化を利用する人は増えてきました。

カード現金化はお金にまつわる取引だというのにも関わらず審査が不要で資金繰りができます。

クレジットカード現金化はいろいろなシチュエーションで活用でき手に入れたお金の使用用途は自由に使っていただいて構いません。

お取引する現金化業者の選定は利用者が自由に行ってもよろしいのですが、中には悪質店も存在していることから契約するお店を選ぶ際は注意が必要となります。

また、ショッピング枠を換金目当てに使用することはクレジット信販会社の利用規約違反です。

ショッピング現金化をしたことがクレジット信販会社にバレてしまいますとカードが利用停止になってしまいます。

但し、現金化をしたことがクレジット会社にバレることさえなければカードが使えなくなることはありません。

では、現金化が行為がカード会社にバレる可能性は何パーセント?利用停止にならない方法とリスク回避を教えしましょう!

クレジット現金化をしたことはカード会社にバレてはいけない

利用停止にならない方法とリスク回避を教えます!
クレジットカードのショッピング枠はお分かりの通り買物や飲食などの支払いを済ますことができるので便利です。

それ以外にも、カードのショッピング枠はお金に替えることもできる大変利便性のある活用もできるようになりました。

クレジットカード現金化は今すぐお金を用立てたいときなど、さまざまなシチュエーションで利用できる資金調達法です。

但し、現金化業者には優良または悪質業者が存在していますので、利用者の口コミなどを参考に取引業者の選定は慎重に行わなければいけません。

口コミから学べ!ショッピング枠現金化の口コミ掲示板から優良、悪質店の見分け方

2016.09.11

また、クレジット現金化をしたことはカード会社にバレてはいけない行為なのです。

今では、利用者が大変多いクレジット現金化ですが、どうしてショッピング枠を換金目的に使用してはいけないのでしょうか?

ショッピング枠現金化はカード会社の利用規約違反

利用停止にならない方法とリスク回避を教えます!
クレジットカードにはそれぞれショッピング枠とキャッシング枠が付帯されています。

カードのショッピング枠は先程も申したようにさまざまなお店で使用することができ、キャッシング枠ではお金を借りることができるのです。

しかし、キャッシング枠は使用できる額面は少なくすぐに使い切ってしまうだなんてことが多いのではないでしょうか?

そんなときに便利に使えるのがショッピング枠の現金化なのですが、クレジット会社にはバレてはいけない行為となっています。

なぜかといえば、ショッピング枠現金化はカード会社の利用規約違反だからです。

クレジット現金化をしたことが信販会社にバレてしまいますとお持ちのカードは利用停止を命じられ強制退会となります。

更には、現金化を含めて支払い残高のあるショッピング枠の支払いを一括請求されるなどカード会社は容赦しません。

クレジット枠現金化をしたことがカード会社に漏れないためにはどうすれば良いのでしょうか?

また、クレジットカードが使用停止にならないようにするにはどういった方法でショッピング枠を現金化するのが妥当なのかお教えしましょう。

現金化がバレる確率と利用停止にならないリスク回避の仕方

利用停止にならない方法とリスク回避を教えます!
では、クレジットカードの現金化がバレる確率と利用停止にならないリスク回避の仕方についてお話します。

言葉は悪くなりますが、ショッピング枠現金化をしてもクレジット会社にさえバレなければカードは使えなくなることはありません。

そのためには、どうやって現金化をするかがポイントになりやり方によってはカード会社にバレることはないでしょう。

クレジット現金化がカード会社にバレる確率

利用停止にならない方法とリスク回避を教えます!
クレジット現金化ではさまざまな取引方法が用いられていますが、やり方によってカード会社にショッピング枠の使用目的を悟られてしまうかもしれないのです。

クレジット現金化では主に買取方式とキャッシュバック方式を導入した業者がいますが、どちらの方法で資金調達するにしてもカード会社にバレる確率はあります。

買取方式は換金性の高い商品をクレジット決済にて購入し現金化業者に売ることにより買取代金を受け取れる方法です。

しかし、カード会社は高価に売れる物をショッピング枠で買う人に対しては不審な目で見ます。

また、キャッシュバック方式も海外端末を通したクレジット決済になりますのでカード会社は怪しむでしょう。

ただ、数値で表すとなると難しいのでクレジット現金化でカード会社にバレにくくするにはどうしたらよいかお話します。

利用停止にならない方法とリスク回避の仕方

利用停止にならない方法とリスク回避を教えます!
クレジット現金化は買取方式かキャッシュバック方式のどちらかの方法を選んで資金調達をすることになりますが、いづれにしてもカードが利用停止になる危険は免れません。

ショッピング枠現金化をすることによってカードが利用停止にならないための方法とリスクの回避の仕方を知る必要があります。

では、それぞれ買取方式とキャッシュバック方式の現金化のリスク回避の仕方についてお話していきましょう。

買取方式のリスク回避の仕方

買取方式を行うときは、新幹線の回数券を現金化してくれる業者との取引を避けるべきです。

新幹線の乗車券は大変高値で売れる代物ですが換金率が高い商品ほどクレジット決済をいたしますとカードが利用停止になりやすく非常に危険を伴います。

しかし、ブランド品や電化製品は換金性の高い商品ではありますが、ショッピング枠を使って買物をする人が大勢いることもあってカードが利用停止になる危険度は低いです。

ブランド品の現金化では主にルイ・ヴィトンが扱われていますが、こちらの商品は大変高価な物ですから現金一括払いをして買物をする人が多いわけではありませんのでクレジット決済で購入してもそれほど不振に思われません。

電化製品も同様に月々分割払いで買物をする人が多いのでクレジット決済でショッピングをしてもカード会社はさほど怪しまないのです。

キャッシュバック方式のリスク回避の仕方

また、キャッシュバック方式を行う場合、高額決済を希望しているのであれば一度にすべてのショッピング枠を使わずに日にちと額面を分けてカードを切れば信販会社から怪しまれることはないでしょう。

仮にショッピング枠を100万円現金化したいのであれば、クレジット決済額を20万円2回と30万円2回というように分けて行えば信販会社からカードを止められる危険が回避できます。

使用するクレジットカードにもよりますが、高額決済をして現金化をするならば上記のように手続きを行うと利用停止になる危険度が低くなるのです。

クレジット現金化をしてカード会社にバレた人はいる

利用停止にならない方法とリスク回避を教えます!
以上が、現金化でカード会社にバレる確率と利用停止にならない方法とリスク回避になります。

本来であれば、クレジットカードのショッピング枠は買い物や飲食などの代金を支払うために設けられた物ですが、現金化業者の登場によりお金に替えることができるようになりました。

どうであれ、クレジット現金化をすることはカード会社の利用規約違反を犯していることには変わりません。

しかし、金策をするにしても消費者金融などの貸金業者での借入は非常に厳しくなりましたので、してはいけないと分かってはいても資金調達できるならばとショッピング枠を現金化する人が増えたのです。

では、実際にクレジット現金化をしてカードを利用停止にされてしまった人はいるのでしょうか?

クレジット現金化をしてカード会社にバレた人はいます。

運が悪かったというのは否めない部分はありますが、無茶なやり方でショッピング枠を現金化しようとした人はカードが利用停止になる確率は高いです。

どんなことがあっても、クレジット枠現金化をするときはカード会社から目をつけられずに行わなければいけません。

利用停止にならない方法とリスク回避を教えます!


クレジットカード現金化初心者に向けた入門講座
使って良かった!クレジットカード現金化優良店紹介

ドコよりも早く!確実に1%でも多く現金化します!
和光クレジット

和光クレジットがお届けするショッピング枠現金化はスゴイ!赤字覚悟で挑戦!業界最高還元率にてお客様をお出迎えします!詳しくはメールにてお申込ください!
コメント

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。