現金化行為がカード会社に発覚!カード利用停止は最も重い処分!

クレジットカード現金化利用停止

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化とは

クレジットカードを利用して買い物をしている人は非常に多いと思いますが、クレジットカードの特徴としては基本的に買い物をした時の支払いにしか使用できないという特徴があります。

その為クレジットカードでお金を引き出すと言うことは出来ずあくまでも現金の代わりに支払いをするという用途にしか使用できないのがクレジットカードと言えます。

もちろん中にはキャッシング機能付きのクレジットカードもありますので、それを使用すればカードローンのような使い方も可能ですが、キャッシング枠はクレジットカードの限度額のうちの一部をキャッシング枠として使用するため、全額キャッシングに使用出来るわけではありませんし、使用したキャッシングは翌月一括で支払う必要があるため使い方が非常に難しいというデメリットもあります。

その為分割やリボ払いが可能なショッピング枠を何とか現金化できないものかと考えている人も少なくなく、その要望に応えるために現れたのがクレジットカード現金化を可能にする現金化業者の存在です。
現金化業者では通常は不可能だったショッピング枠の現金化を可能にしてくれる業者で、ここ数年でその数は飛躍的に増加してきています。

これはクレジットカード現金化を望む人が非常に多いと言う裏返しでもあり、カードローンの利用よりもクレジットカードの現金化のほうが容易に行えるため利用者が増加してきていることの表れでもあります。

基本的に現金化業者を利用した場合にはクレジットカードのショッピング枠を全額現金化することが可能になるため、キャッシング枠を使い果たしてしまった場合でもショッピング枠に利用できる金額が残されていれば誰でもショッピング枠を現金化することが可能になります。

現金化の方法としては現金化業者を利用した場合はキャッシュバック方式や商品買い取り方式が主な現金化の方法となり、どちらの場合でも現金化業者に現金化の手数料を支払うことでショッピング枠の現金化が可能になります。

キャッシュバック方式で利用停止

キャッシュバック現金化利用停止

まずキャッシュバック方式は、現金化業者を通じてほとんど価値の無い商品を自分が希望する現金化したい金額で購入します。これにより商品を販売したという事実とその購入に対しクレジットカードを使用したという状況が生まれます。

この時点でクレジットカードを使用して商品を購入したことが成立し、実際に商品は購入しているためクレジットカードの利用に関しては一切違法性はありません。

あとはその商品に対して業者がキャッシュバックを行うと言う方法でお金を返金してくれ、それがクレジットカードの現金化になります。

この場合、キャッシュバックと言う方法はあくまでも商品を購入したことに対してのサービスですし、キャッシュバック自体は景品表示法でも違法とならない方法ですのでそれに対する罰則もありません。

何故ならキャッシュバックは利用者全員が恩恵を受けることが出来る方法のため、特典を付けて誘導する販売方法とは異なり景品表示法でも合法となります。その為現在最も多いのがこのキャッシュバック方式でのクレジットカード現金化となります。

商品買い取り方式で利用停止

買い取り現金化で利用停止
商品買い取り方式は実際にクレジットカードで高価な商品を購入させ、その商品をその場ですぐに買い取ることにより買取金額を利用者に返還すると言いう方法です。

この方法は実店舗で営業をしている現金化業者が使用している場合が多く、この場合も一旦は商品を購入したと言う事実が残りますし、実際に商品を購入してそれを売却しているため違法にはなりません。

その為クレジットカード現金化の方法としては非常に使い易く、実店舗の場合はその場ですぐにお金を手にできるため利用する人も多い方法です。

キャッシュバック方式の場合でも商品買い取り方式の場合でも必ず現金化する場合には手数料を取られる仕組みとなりますので、ショッピング枠が40万円あってもそれが全額現金化されるわけではありません。

現在の手数料の平均は現金化する金額の20%程度が手数料の平均ですので、実際に現金化した場合にはかなりの金額を現金化業者に取られることになります。

しかしそれでもいいからショッピング枠を現金化したいと言う人が多いとうのは現代社会において非常に大きな問題と言えますし、そうしないと生活が成り立たない人が数多くいることもクレジットカード現金化が無くならない原因だと言えます。

クレジットカード現金化利用停止
現金化業者を使用しない方法でショッピング枠を現金化する方法としては商品券をクレジットカードで購入してそれを売却すると言う方法がありますが、この方法はクレジットカード現金化でのカードの利用停止に結びつきやすい非常に危険な方法と言えます。

クレジットカードの利用に関してはどのクレジットカードの場合でも商品券や金券と言った類の商品は購入できなくなっており、それは利用規約にも明記されているため商品券をクレジットカードで購入することは利用規約違反になる可能性が高いわけです。

ただ実店舗の場合はクレジットカードで商品券を購入することはほぼ出来なくなっており、基本的には現金での支払いしか受け付けてくれません。そのため実店舗で商品券をクレジットカードで購入して売却益を得るということは事実上不可能になっています。

しかしwebの場合は話が異なり、amazonに関してはamazonギフト券をクレジットカードで購入できますし、ネットで営業している金券ショップに関しても、販売している金券をクレジットカードで決済することが可能になっています。

そうなると購入したギフト券や金券を買取店で現金化することも可能になり、実店舗では不可能な商品券の現金化という方法も容易く可能になります。

しかしこれが大きな落とし穴で、実はクレジットカード会社は購入した商品などの履歴を逐一チェックしており、その購入に怪しい部分が見えた場合にはすぐに利用者に対し確認の電話をしてきます。

特に商品券などを一度に大量に購入していた場合や、定期的に商品券をクレジットカードで購入していた場合には現金化の可能性が高いと判断され、ほぼ確実にクレジットカード会社から購入した商品の使用目的は何かという問い合わせがあります。

この時点で使用目的をはっきりと出来ない場合や、現金化するために購入したと判断された場合には、クレジットカード現金化利用停止という措置を取られることになります。

このクレジットカード現金化で利用停止になった場合は商品券を購入した場合だけでなく、現金化業者を利用した場合にも利用停止措置が取られる場合があります。

その対象となるのは短期間の間にクレジットカードを複数回利用して高額商品を購入していた場合や、一度にショッピング枠を使い切るような高額な買い物をした場合などには、利用目的や購入したものは何かといった問い合わせの電話がカード会社からかかってくることになり、カード会社の判断で現金化と認定されてしまうとその時点でクレカの利用停止という措置が取られてしまう場合もあります。

まとめ

現金化利用停止まとめ

基本的に現金化という行為は利用規約に違反する行為ですので法的に違法ではなくてもカード会社の規約違反には変わりありません。

その為カード会社の独断でクレジットカード現金化での利用停止の措置が取られますし、さらに悪質な場合には会員はく奪措置が行われクレジットカード自体が取り上げられてしまうことにもなります。

現在カード会社は現金化に関して非常に厳しい対応を行っていますし、少しでも怪しい使い方が見られた場合には早急に対処する用意をしていますので、簡単に現金が手に入るからとクレジットカード現金化を行ってしまうと、利用停止などの重い処分を科せらた上に現金化したショッピング枠の返済だけが残ると言う最悪の結末を迎えることになるので注意しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。