換金目的、現金化行為はカード会社に対して利用規約違反?利用を行う際の注意点3選

換金目的、現金化行為はカード会社に対して利用規約違反

どんな取引でもルールがあり、決められたことには従わなければいけません。

もし、決まり事に背いてしまった場合はそれなりのペナルティを受けてしまうことになります。

クレジットカードのショッピング枠は換金を目当てに使用してはいけません。

従って、現金化行為はカード会社に対して利用規約違反となります。

当然、ショッピング枠を現金化目当てにカードを使ったことがクレジット信販会社に知れ渡りますと利用規約に基づき罰を受けなければいけません。

クレジット現金化をしたことがカード会社にばれた人は注意点を怠ったからだと思いますが、何を気をつければ良いのでしょうか?

今回は、クレジットカード現金化を行う際の注意点を3つお話しましょう。

カード現金化はクレジット信販会社にバレてはいけない

換金目的、現金化行為はカード会社に対して利用規約違反
今すぐお金を作りたい人が行っている資金繰りといえば、クレジットカード現金化です。

お持ちのクレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が付帯されていますが、その名の通り買物と借入の使用許可がされています。

キャッシング枠を使いクレジット信販会社から借入をすればお金を用立てることが可能です。

当然、お金を借りたわけですから期日にはカード会社に返済をしなければいけません。

しかし、キャッシング枠を使うことができましても総量規制が施行されたこともあり僅かな額面しか借金できない人も大勢いることでしょう。

それならば、もう一つのショッピング枠を使って資金調達をしてしまえばいいのです。

クレジットカードのショッピング枠現金化は非常に分かりやすい仕組みとなっており初めての方でも数分説明があれば理解できます。

3分で分かるカード現金化の仕組みと手続き方法

2016.03.23

いづれにせよ、カードを使ってキャッシングを考えていたのであればショッピング枠を使って現金化をしてもクレジット会社に支払いをすることに変わりはありません。

しかし、カード現金化はクレジット信販会社にバレてはいけないのです。

現金化行為は利用規約違反

換金目的、現金化行為はカード会社に対して利用規約違反
どうして、カードのショッピング枠現金化をしたことをクレジット会社に隠さなきゃいけないのでしょうか?

そもそも、クレジットカードのショッピング枠を換金目的に使うことは信販会社が許していません。

つまり、カード現金化はクレジット信販会社の利用規約となります。

クレジットカード現金化は違法ではないがカード会社の規約違反!

2016.03.21

ショッピング枠を現金化したことがカード会社に発覚してしまいますと、お持ちのクレカの所有権を剥奪されてしまい二度と使えることはないでしょう。

ショッピング枠を現金化してはいけないとクレジット会社に言われているのにもかかわらず、カードでお金を作っている人は多いです。

現代社会では消費者金融などの借入が非常に難しくなっていることもあり、手っ取り早く現金を手に入れたいと考えているのでしょう。

しかし、カード会社にショッピング枠を換金していることがバレてしまっては元も子もありません。

では、どのようにすれば上手くクレジットカード現金化はできるのでしょうか?

現金化をする際の注意点

換金目的、現金化行為はカード会社に対して利用規約違反
率直にいえば、カード現金化をしたことをクレジット信販会社にさえ知られることがなければ問題になることはありません。

カード会社はショッピング枠を現金化した人を見つけた場合、容赦なく換金した分の支払いを全額請求をします。

支払いを待って欲しいと言っても断固して許してくれることなく、どんなことがあっても返済をしなくてはいけません。

こんなことになるのであれば最初から現金化をしなければ良いだけのことですが、カードでお金以外に資金調達できない人には信販会社にバレずに上手くやりたいものです。

クレジットカード現金化をする際の注意点を守っていただければ穏便に資金繰りできます。

クレジット決済前にカード会社に連絡しておく

換金目的、現金化行為はカード会社に対して利用規約違反
各現金化業者の取引方法はさまざまですが、クレジット決済をいたしませんとお金を手に入れることができません。

ご利用のショッピング枠は人によって額面は違いますが高額決済を行う場合は事前にカード会社に連絡しておくことです。

クレジット信販会社はショッピング枠の現金化に関して非常に敏感になっておりますので、決済を行った場所や購入した物のデータを見ると不審がります。

買取方式ですと大半が換金性の高い商品を購入して現金化することになりますので、カード会社はJRのみどりの窓口やブランド店でカードで買物をする人を見張っているのです。

要するに不審に見える買物はすべて現金化目的の買物だと睨んでいるのでクレジット決済をする前にカード会社に連絡しておくと良いかもしれません。

事前にどこで何を買うかを本人から連絡が着たとなればカード会社も決済を認証します。

現金化をする前はショッピング枠の残高を確認する

換金目的、現金化行為はカード会社に対して利用規約違反
カード現金化をする人が忘れがちなことは、現時点で使用できるショッピング枠の残高確認です。

クレジットカードを持っている人は自分の物だから使えるショッピング枠の残りの金額くらい把握していると自負しています。

しかし、現金化業者と取引を行う際、クレジット決済が失敗に終ることが多いです。

カードが切れない原因はいろいろありますが、ほとんどがショッピング枠残高不足だったことが分かっています。

クレジット決済をミスすることは、カード会社に不審がられてしまうのです。

仮に、ショッピング枠が10万円使えるとして決済を20万円しますと第三者の不正利用ではないかととられてしまうかもしれません。

クレジットカード現金化をする前は必ずショッピング枠の残高を確認することです。

現金化をするときは必要な額面を決めること

換金目的、現金化行為はカード会社に対して利用規約違反
クレジットカード現金化は必要な金額に応じて資金調達できます。

但し、ショッピング枠の残高範囲内でなければ現金化はできません。

そういったことも踏まえて使用できるショッピング枠の残高確認はしなくてはならないのです。

カードの現金化は決済金額によってクレジット信販会社にばれてしまうのではないかと不安がる人が多く分けようとすることがあります。

使用希望のショッピング枠が100万円だとすれば数回に分けて決済を行うのは妥当です。

しかし、30万円くらいの決済額ならカードを切る回数を増やす必要はありません。

確かに30万円は高額であることは間違いありませんが、却って何度も決済をすることになるとカード会社に不審がられます。

50万円以上の使用でしたら複数回に分けて決済を行うべきですが、それほど大きな金額でなければ1回でカードを切る方が良いのです。

ショッピング枠現金化をするときは必要な額面を決めておくと決済額が分かるのでカードを切る回数も判断できます。

注意点を怠らなければ現金化しても問題ない

換金目的、現金化行為はカード会社に対して利用規約違反
ショッピング枠の換金目的、現金化行為はカード会社に対して利用規約違反です。

しかし、カード現金化をする際の注意点を怠らなければ問題なく資金調達できます。

クレジット現金化は利用規約違反ではありますが、今回お話した3点を心得ていただければカードに悪影響を及ぼす危険はありません。

カード信販会社にさえ現金化をしたことがバレなければいくらでも利用できます。

そうするためには現金化業者との入念な打ち合わせも大切ですが、利用者がカードでお金の情報をどれだけ入手しているかにも寄るでしょう。

現金化は、本来やってはいけないものだと言われておりますが、カードでお金を作っている人は多く利用者の数は一向に減ることはありません。

それは、クレジットカード現金化がどの金策よりも手頃に利用できる利便性もあるからです。

とにかく、現金化をする人に気をつけていただきたいのはカード会社にバレずにやってください。

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。