クレジットカード現金化の悪質・悪徳業者にはご用心!

クレジットカード現金化悪質業者

クレジットカード現金化には悪質業者もいる!

クレジットカード現金化悪徳業者

お金が無くて困った場合にどうやってお金を工面するか悩んでいる人も多いでしょう。そんな時に利用する人が増えているのがクレジットカード現金化という手段です。

このカードショッピング枠を使った現金化サービスは本来ショッピングにしか使用できないショッピング枠を現金化する方法で、通常は出来ないと諦めていた枠が現金に出来るということで、非常に人気の高い現金化の方法というわけです。

クレジットカードの現金化を行う場合には現金化業者を利用して現金化を行うことになるわけですが、その業者の中にも優良業者と悪徳業者があり、業者選びを間違えてしまうと現金化を行うことで思わぬトラブルに遭遇してしまう場合や、現金化をしたのに現金は支払われずクレジットカードの支払いだけが残ったというケースもあります。

基本的に悪徳業者の手口は現金を必要としている人の心の隙間を付くような手口が多く、非常に巧妙なため注意していても騙されてしまうことが多々あります。

悪徳業者に騙されると人生が大きく揺らぐようなトラブルにも発展する可能性があるので、クレジットカード現金化の悪質業者には注意しなければいけません。

悪徳業者に騙されると困る理由とは?

悪質業者に騙されると

クレジットカード現金化の悪徳業者に騙された場合、様々なトラブルや困難が自分の身に降りかかってくることになり、騙されたと気づいたときには時すでに遅しという状態になってしまいます。

悪徳業者に騙された場合におき得るトラブルとしては、現金が振り込まれない、個人情報が流出する、クレジットカードの架空請求が起きる、個人情報から闇金との繋がりが出来てしまうといったような非常に大きな問題に発展する可能性があります。

それだけではなく、もしそのトラブルがクレジットカード現金化を行おうとして起きたトラブルだった場合、クレジットカードの利用停止になるという可能性も高くなってしまいます。

そもそもクレジットカード会社はクレジットカード現金化に対し非常に厳しい態度で臨んでおり、現金化が発覚すればいうまでもなくクレジットカード会社からのペナルティが科せられることになり、クレジットカードの利用停止に追い込まれることになります。

要するに悪徳業者に騙された挙句、現金化のことを口外できない場合は泣き寝入りするしかなく、仮にクレジットカード会社に被害を訴えても、それが現金化による被害だとわかった時点でカード利用停止や会員剥奪といった重い処分を科せられてしまいます。

クレジットカード現金化で悪徳業者に騙された場合、結局のところどちらに転んでも自分にはデメリットしかないということになるのです。

そうなるとその後の生活でクレジットカードは使用できないし、しかも現金化したショッピング枠の支払いは残る、もしカード情報や個人情報が流出していれば長年にわたりその事でトラブルに巻き込まれる恐れが続くということも考えられますので、とても困った状態に陥るわけです。

悪徳業者の手口とは

 

カード情報を聞き出そうとする危険な業者

カード情報を聞き出す悪質業者

クレジットカードの現金化を行う場合の悪徳業者の手口として多いのが、カード番号を聞いてくる、クレジットカードのコピーを求められるという手口です。

通常クレジットカード現金化を行う場合、クレジットカード決済を行うだけで現金化をすることが出来ますので、優良な業者の場合はまずクレジットカード番号やコピーの提出を求めるということはありません。

このカード番号やコピーの提出を求められた場合、考えられるのは利用者のカード情報を使用したクレジットカードの不正利用が考えられます。

そうなると自分では使用していないカード決済が架空請求として自分に請求されるというトラブルになる可能性が高いですし、もしカード番号と共に暗証番号まで業者に教えてしまった場合には、カードを自由に使用できることになってしまうため、ほぼ確実にカード不正利用のターゲットとなります。

キャンセル料を請求する業者

キャンセル料を騙す悪質現金化業者

次に多いのが高い換金率で顧客を騙し、換金を断るとキャンセル料の支払いを請求してくるケースです。通常のクレジットカード現金化業者の場合、換金率は80%程度、高くても90%程度に設定してある場合がほとんどです。

これは何故かと言うと、クレジットカードを使用して決済を行った場合、業者側にもカード決済を行う機器の利用に対して5%程度の手数料の支払いが発生してきます。その為換金率が95%といった高い換金率の場合、手数料を支払うと業者側には全くプラスになる要素が無いということになります。

そのため95%を超えるようなた換金率を謳っている業者の場合は必ずなにか裏があると考えたほうがよく、換金率に惹かれて現金化業者を利用したら実際にはその換金率ではなく、換金を断ると高いキャンセル料の支払いを請求されてしまったというケースが非常に多いと言えます。

この場合、キャンセル料を支払わないと拒もうとすると、現金化のことをバラすといった具合に現金化を利用した人の弱みを突いてくる場合もありますので、高い換金率の業者には注意が必要となります。

現金化したのに現金が振り込まれない業者の場合、連絡先などを記載していない場合がほとんどで、クレジット決済を行った後に急に連絡が取れなくなり、連絡しようにも連絡先が一切分からず泣き寝入りしてしまうことになるということが考えられます。

優良な現金化業者の場合は必ず電話番号の記載などをしていますし、買い取り型で現金化を行う業者の場合は古物取り扱いの登録番号をHPに記載しているはずです。

しかし悪質業者の場合電話番号もメールアドレスも、古物取り扱いの登録証も掲載されていない場合がほとんどですので、HPを見て会社の連絡先などが分からない場合には利用をしないほうが良いでしょう。

ちなみに住所が掲載されているから安心ということはなく、住所が掲載されていても実際にそこに会社があるとは限りませんから、現金化業者の実態がはっきりしない業者は非常に危険だといえるでしょう。

悪質業者の中には闇金と繋がっている業者も多く、その場合個人情報を闇金に流してしまうというケースもあります。

このような悪徳業者の場合、クレジットカードの現金化を申し込んだ際にやたらとこまかく個人情報を聞きだそうとしてくるという特徴があり、利用者の実態をこまかく聞き出し、その情報を闇金に流すということをやってきます。

お金に困っている場合、闇金からの電話に応じてしまい借金まみれになるというケースも少なくないようですので、個人情報を根掘り葉掘り聞いてくる業者にも注意しなければいけません。

法外の手数料を請求する業者

法外な手数料を騙す悪徳現金化業者

あと多いのが利用者の心理につけこんで手数料を通常よりも多く搾取する業者もいます。

平均的な換金率は80%程度ですので、それ以上の手数料を請求してくる業者は確実に悪徳業者だと考えるべきでしょう。

お金がすぐ欲しい場合、そういった高い手数料にも応じてしまうことが考えられますが、それには決して応じないようにしましょう。

ご利用の場合は細心の注意を

悪質現金化には細心の注意を

クレジットカード現金化はクレジットカードさえ持っていれば誰でも簡単に現金化が可能になるものですが、本来クレジットカード現金化は違法ではないにしろカード会社が禁止している行為です。

そのため悪徳業者の甘い言葉に騙されてしまうと多額の利用代金の支払いが残っただけというケースや架空請求に悩まされるというケースもありますので、容易に業者を信じて利用してしまうということは避けるべきでしょう。

クレジットカード現金化悪質業者


クレジットカード現金化初心者に向けた入門講座
使って良かった!クレジットカード現金化優良店紹介

ドコよりも早く!確実に1%でも多く現金化します!
和光クレジット

和光クレジットがお届けするショッピング枠現金化はスゴイ!赤字覚悟で挑戦!業界最高還元率にてお客様をお出迎えします!詳しくはメールにてお申込ください!
コメント

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。