誇大広告に注意!ドコの現金化業者も実際の換金率は20%以上も引き下がる!

換金率は20%以上も引き下がる!

スーパーが食品を販売する時は品質状態や価格を偽り消費者に物を売ってはいけません。

これは、誇大広告をして商品を販売してはいけないきまりがあるからです。

どんなお店も事実を捻じ曲げて商品を安売りしたりサービスを行ってはいけません。

カード現金化では集客のために宣伝を行っておりますが誇大広告をしている業者もいます。

公式ホームページには換金率95%と表示されていたのにも関わらず、実際の数値はたった75%だったということがあり20%以上も引き下げられてしまった人もいるようです。

現金化業者が公開している換金率は大半が誇大広告

換金率は20%以上も引き下がる!
クレジットカードのショッピング枠現金化をしたいと考えている人はネットを利用し取引業者を選考することから始めるでしょう。

現金化業者を選定する基準は人によって様々で最も人気のある項目はスピードです。

資金繰りをしたい方は大半が今すぐ現金が欲しいと願っている人ばかりですので送金手配が早い現金化業者は大変人気があります。

特にクレジットカード現金化の初心者はお金が振込まれるまでに時間が掛かると送金されないかもしれないと不安がちになりますので入金確認が早くできるお店を選ぶでしょう。

とは言いつつ、やはり気になってしまうのが換金率です。

還元率はショッピング枠現金化の醍醐味でもあり数値が高いほど受取れる額面が多くなります。

いくら送金時間が早くても換金率が低いと使用するショッピング枠は高額になってしまいカード会社への支払いが負担になってしまうでしょう。

クレジットカード現金化をするのであれば高換金率で送金が早いお店が好まれますが二拍子揃っている店舗はありません。

送金時間と換金率、どちらかを優先しなくてはいけないとなると換金率を選んでしまいがちです。

現金化業者の公式ホームページの換金率表を見て高い数値が表示されているとなれば魅了されてしまうでしょう。

誇大広告に注意!ドコの現金化業者も実際の換金率は20%以上も引き下がります!

現金化業者が公開している換金率は大半が誇大広告にしかすぎません。

高換金率表示とおりに現金化はできない

換金率は20%以上も引き下がる!
ショッピング枠現金化で換金率を重視している人は高い数値を提示している店舗に惹かれがちです。

少しでも多く現金を手に入れたいのは誰もが同じ考えですから高換金率で取引ができるとなれば、必然にその現金化業者に申込むでしょう。

しかし、高換金率表示とおりに現金化はできません。

現金化業者は顧客がいなければ利益を得ることができず運営することができないので集客のためインパクトのある宣伝をします。

どの現金化業者も自社を売り込むため広告代を出し惜しむことせず集客に意欲を出すことでしょう。

大半の現金化業者は誇大広告をしており、事実を捻じ曲げた内容を宣伝して集客しています。

公式ホームページに換金率90%以上と表記されていたから申込みをしたのにも関わらず、実質70%以下とされてしまった人は大勢いるのではないでしょうか。

もしくは、更に低い換金率を見積もられてしまった人もいるでしょう。

表記されている換金率から20%以上も引き下げられた

換金率は20%以上も引き下がる!
クレジットカード現金化は取引業者によって送金の時間差が出るだけでなく換金率も異なります。

現金化業者の公式ホームを見ていただきますと高換金率表示しかされていません。

最大や最高あるいは一律と表記は様々ですが、どのお店も換金率の数値は高くなっています。

しかし、契約するとなれば表記されている換金率はクレジット決済手数料込みの数値だと前触れがあり、本来の換金率とは打って変わって低くされてしまうのです。

例えば、利用のショッピング枠30万円に対して換金率95%でしたらキャッシュバックは28万5千円になりますが決済手数料が差し引かれて21万円送金となってしまったという人もいます。

公式ホームに表記されている換金率から20%以上も引き下げられたのです。

クレジットカードでの買物は決済手数料が掛かるのは事実ですが25%以上も費用は掛かりません。

現金化業者が言う決済手数料はさじ加減程度で決まる数値であって、依頼者によって換金率を上げ下げするなど足元をすくわれた方は大勢います。

クレジットカード現金化で換金率90%以上の表記は集客のための誇大広告ですから一切信じてはいけません。

クレジットカード現金化で換金率80%以上は好待遇

換金率は20%以上も引き下がる!
ショッピング枠現金化で換金率9割以上で契約できないならいかほどの数値が無難なのでしょうか。

どの現金化業者も1%でも低い換金率で依頼者との契約をしようとありとあらゆる手立てをしますが、結果的に成約とならなければ利益は出ません。

クレジットカード現金化は取引業者によって換金率の上下の差は激しく、低い所ですと60%以下となることもあり大半が70%から75%位が無難な数値となっております。

実際に表記されている換金率90%以上とはかけ離れた数値となっており20%以上も差が出るとなれば利用者側が不利になるのは間違いありません。

クレジットカード現金化で還元率90%以上とはならなくとも手数料を低くしてもらえることはできないのでしょうか。

換金率の水準値を超えた契約を好まない現金化業者が多い中、80%前後で取引に応じてくれるお店も増えてきました。

クレジットカード現金化で換金率80%以上は好待遇と言えるでしょう。

現金化業者の大半は誇大広告をして宣伝活動を行っていますが、依頼者に少しでも還元する良心的な店舗が増えており換金率8割前後で契約することができるようになりました。

一つ言えるのは、どの現金化業者を選んだとしても換金率90%以上の契約はできません。

クレジットカード現金化をする際の正しい換金率の見極め方

2016.03.23

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。