審査無しのカード!?デビットカードを使ってクレジットカード現金化を利用できるのか徹底検証!

クレジットカード現金化をデビットカードで利用できるのか検証

クレジットカードにも様々な種類があるのはご存知ですか?

その中にクレジットカードに見た目がそっくりなカードであるデビットカードというものがあります。

このデビットカードですが、名前は聞いたことあるけど詳しい仕組みは解らないという人が多いと思われます。

誰でも作ることのできるデビットカードで現金化が利用できたなら便利ですよね。

クレジットカードとそっくりなデビットカードでもショッピング枠現金化を利用できるのかどうかを調査してみましょう。

今回はデビットカードの仕組みと現金化に利用可能か否かを解説いたします。

デビットカードとは?

クレジットカード現金化をデビットカードで利用できるのか検証

では、噂のデビットカードとは一体どのようなものなのでしょうか?

デビットカードの表面には主な国際ブランド(JCB・VISA・Master)などのロゴが記入されていますので、クレジットカードと混同してしまいがちなのですが、実はまったく仕組みの違ったものでした。

その違いは数多くありますので、1つ1つ確認しておきましょう。

先払い式

デビットカードとクレジットカードで1番大きい違いは支払い方法にあります。

皆さんがご存知のように、クレジットカードは後払い式となります。

逆にデビットカードは先払い式で、指定した銀行口座と直接紐付けることによって利用可能となります。

なので、紐付けた銀行口座に入金されている金額以上を利用することはできません。

つまり、デビットカードとは、銀行口座のお金をそのまま利用することのできるカードということです。

利用限度額の設定を行えば、月に1万円までなんて利用の仕方も可能です。

利用限度額が初めから決められているクレジットカードとは仕組みが全く違うと言えるでしょう。

防犯対策

デビットカードが銀行口座と紐付けられているとなれば、もはやキャッシュカードや通帳を持ち歩く必要はありません。

ATMからお金を引き出す必要もなく、まるで自分の財布のように銀行口座からお金を使うことができます。

そういった意味では、多少のATM手数料はお得になると言えるのかもしれませんね。

また、デビットカードを持っていれば大金を持ち歩く必要はなくなります。

デビットカードを無くしてしまっても本人確認システムが備わっているため、防犯対策といった面でもメリットがあります。

この本人確認システムに関しては下記でご説明いたします。

未成年でも作れる唯一のカード

現在、クレジットカードを未成年が作るのは非常に難しい時代です。

以前までは審査もザルだったため未成年でも簡単にクレジットカードを作ることができましたが、今となっては不可能に近いと言えるでしょう。

しかし、デビットカードはクレジットカードのような審査はありません。

16歳以上で本人名義の口座を持っている人であれば、例え高校生であっても所持することができます。

金融ブラックに乗ってしまった方や自己破産してしまった方でも問題はありません。

先ほどの利用限度額と組み合わせれば、デビットカードで子供にお小遣いを上げることも出来ますので、頼りになるカードだと言えるでしょう。

もし、万が一にも足りなくなってしまっても、また銀行口座に入金をしておくだけで大丈夫です。

国際ブランド加入カード

デビットカードの仕組みはクレジットカードと全く違ったものですが、決済システムは同じものです。

つまり、デビットカードの表面に書かれている国際ブランドに加盟している店舗であれば、どこでも利用することができます。

今の時代、クレジットカードに対応していない店舗はほとんどありませんので、多くの場所で利用できるでしょう。

日本で多く流通しているデビットカードは主にVISAとなっています。

国際ブランド自体には選択肢はそこまで多いものではありませんがVISA加盟店は多く、デビットカードを作る時に悩んでしまう人はとりあえずVISAのデビットカードを作っておけば後悔することには絶対になりませんよ。

デビットカードの本人確認システムの詳細

クレジットカード現金化をデビットカードで利用できるのか検証

では、先ほどお話したデビットカードの本人確認システムとは一体どういったものなのでしょうか。

大金を持ち歩く必要が無くなるとはいっても、デビットカード自体が簡単に悪用できてしまうものであれば意味がありません。

落としてしまった時に銀行口座の預金分全部使われてしまうことになりますので、被害は拡大していると言えるでしょう。

デビットカードの本人確認システムの詳細をクレジットカードを比較してみていきましょう。

暗証番号の設定

デビットカードを利用する時には必ず4桁の暗証番号を要求されます。

店頭にあるキーパッドを見たことはありませんか?

ATMと同じようにカバーもついていますので、横からのぞき見られるといった心配もないでしょう。

暗証番号が解らなければ、デビットカードを無くしてしまっても多額の悪用されることはありません。

ただし、1万円以下の少額の利用だとクレジットカードと同じように暗証番号やサインを要求してこない店舗もあります。

被害額はそこまで大きいものではありませんが、ずっと放ったらかしにしておくと全部使われてしまいますので早めの対処が必要です。

利用限度額の設定

先ほどから何度か話に出てきましたが、デビットカードは利用限度額を設定することができます。

例えば、1ヶ月に3万円までと利用限度額を決めたのであれば銀行口座に何百万入っていようと月に3万円までしか利用することができません。

この利用限度額を設定しておけば、もしあなたがデビットカードを落としてしまったとしても利用限度額以上に不正利用されることはありません。

数万円でも痛いものですが、銀行口座を全部使われるよりはマシだと思って割り切りましょう。

デビットカードは現金化に活用できるのか

クレジットカード現金化をデビットカードで利用できるのか検証

さて、ここまではデビットカードの詳細をお話していましたが、本題はデビットカードで現金化を利用することができるのかどうかです。

誰にでも作れるデビットカードを現金化に利用できれば、本当に審査も無く利用できるショッピング枠現金化となりますね。

では、結論から言うとデビットカードでショッピング枠現金化を利用することはできません。

正しくは、利用しても意味がありません。

デビットカードは紐付けられている銀行口座に入金されている金額までしか利用することができません

そして、その銀行口座のお金はデビットカードが使われると同時に即時引き落としされてしまいます。

結局、デビットカードで現金化を利用することはできますが、銀行口座からお金を引き出しただけと何も変わらず、ただ現金化業者に手数料を支払っただけとなります。

20%~30%のお金を失うことになりますので、利用は可能ですがクレジットカードのように現金を生み出すことは出来なさそうです。

特殊な2種類のデビットカードなら現金化利用可能

クレジットカード現金化をデビットカードで利用できるのか検証

先払い式のデビットカードでは、お金が今すぐ必要となったとしてもショッピング枠現金化に利用することができません。

しかし、そんなデビットカードにも例外があります。

実はバックアップ機能や当座貸越機能が付いたデビットカードも存在しているのです。

バックアップ機能

例外としてイオンデビットカードには、最大10万円以内であれば自動で料金を立て替えておいてくれるバックアップ機能が付いています。

なので、通常では即座に引き落としが行われるデビットカードでも、このバックアップ機能が付いていれば現金化に活用できます。

これならば、クレジットカードに近い取引をデビットカードで行えることになりますね。

10万円というショッピング枠はクレジットカードのショッピング枠と比較すると、そこまで大きい規模ではありませんが、「普通はショッピング枠の無いデビットカードで10万円借り入れることができる」と考えれば嬉しいですよね。

ただし、これもショッピング枠が付随してしまっているため、審査が通常のデビットカードより厳しくなります。

クレジットカードほどではありませんが、審査を通れる人にしかイオンデビットカードを作成することは出来ませんのでご注意ください。

当座貸越機能

ここでいう当座貸越機能とは、個人契約の場合だと定期預金を担保として、その金額分の利用を可能とするものです。

そのためには、まず定期預金をしている必要があり、その利用金額は定期預金の8割が利用限度額となっています。

しかし、いくら担保を出しているとは言っても借り入れの一種となりますので、当然金利も発生します。

更に利用規約にもよりますが、1日辺りの利用限度額も定められてしまっています。

例えば香川銀行のデビットカードでは、「預金残高がいくらであろうと1日50万円以内の利用まで」と書かれています。

「お金は欲しいけど、定期預金を崩したくない」という方には便利なカードとなるのではないでしょうか。

まとめ

クレジットカード現金化をデビットカードで利用できるのか検証

クレジットカードにそっくりなデビットカードですが、現金化に活用することはできませんでした。

デビットカードの仕組みが即時引き落としなので、現金化をしても意味はなく、ただ自分のお金を引き出しただけとなってしまいます。

バックアップ機能や当座貸越機能の付いたデビットカードであれば現金化を活用することもできますが、どちらも無条件で作成できるといったものではありません。

クレジットカードの審査よりは甘くなっていますので、クレジットカードの審査に落ちてしまった人が次に試すカードとなるでしょう。

とはいえ、持っていて損があるワケではありませんので、デビットカードを持っていない方は作っておいても損は無いでしょう。

クレジットカード現金化をデビットカードで利用できるのか検証


クレジットカード現金化初心者に向けた入門講座
使って良かった!クレジットカード現金化優良店紹介

ドコよりも早く!確実に1%でも多く現金化します!
和光クレジット

和光クレジットがお届けするショッピング枠現金化はスゴイ!赤字覚悟で挑戦!業界最高還元率にてお客様をお出迎えします!詳しくはメールにてお申込ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。