なぜ、自分で換金性の高い商品をショッピング枠現金化してはいけないのか?その理由を調べてみた

自分で換金性の高い商品を現金化してはいけない理由

はじめまして。
「1円をバカにする者は1円に泣く」がモットーの山田翔一こと、現金化のやまちゃんです。

この前、自販機の下に10円玉を落としてしまって、地べたに這いつくばって拾おうとしてたら通りすがりのオッチャンに大爆笑されてしまいました。
無事に10円玉は手に入れることが出来ましたが、果たしてこの10円玉に恥をかくだけの価値があったのか・・・。

私の3月はなんとなく損な気分となりましたが、みなさんはどのようにお過ごしでしょうか?

さて、そんなドケチな私なので、毎日少しでもお金を手に入れられる方法が無いかと探していたところ、あることに疑問を持ちました

それは「現金化業者を使うより換金性の高い商品を転売したほうが得じゃね?」という疑問です。

換金性の高い商品を現金化してはいけない理由

ちょっと調べてみるだけでも、換金率90%以上で取引できる商品がたくさん出てきます。

換金率とは、使ったクレジットカードの残高に対して現金がいくら入るのかという割合のことです。
『利用金額 × 換金率 = 手元に残るお金』という式で計算することができます。

現金化業者を利用したときの相場は80%~85%なので、換金性の高い商品を転売すればカンタンに5%~10%もトクできちゃいます。

しかし、どこの現金化サイトを見ても換金性の高い商品の購入がオススメ!って記事はありません。

「なぜ換金性の高い商品で現金化しちゃダメなのか」

そんな疑問を解消すべく、日本クレジット協会のホームページから換金性の高い商品の現金化をしてはいけない理由を探し出したところ、驚くべき結果が出ました!

なんと、換金性の高い商品を転売して現金化すると利用停止のリスクが高まるというのです!

  • 『なぜ利用停止のリスクが高まってしまうのか?』
  • 『対処法は無いのか?』
  • 『そもそも換金性の高い商品とはどんなものなのか?』

そんな現金化の商品の気になる理由をまとめてみました。

この記事を読んで、利用停止のリスクを取りつつ換金率90%以上で現金化するのか。
それとも換金率80%~85%で現金化業者を利用するのか。

どちらの道を選ぶのかはあなた次第ですが、選択肢を増やすという意味では知っておいて損はありませんので是非ご覧下さい。

※注意点
こちらは換金性の高い商品を自分で現金化したい人のための記事です。

「ショッピング枠現金化ってなに?」
「現金化業者を利用すると、どうなるの?」
という疑問をお持ちの方は「クレジットカード現金化安心の教科書【入門編】」をご覧下さい。

換金性の高い商品を現金化する方法

換金性の高い商品を現金化してはいけない理由

まずは、自分でする現金化についてお話しますね。

自分で現金化をするときの方法は、商品の転売が一般的です。
クレジットカード決済で商品を買って、それをほかの店舗に売りに行くだけで現金化ができます。

簡単そうに聞こえると思いますが、商品を買うお店や売るお店は自分で選ばなくてはなりません。
私も今回の記事を書くにあたって一度やってみたのですが、結構手間がかかりました・・・。

また、購入する商品もなんでもいいわけではなく、換金性の高い商品を購入しなくてはなりません。

換金性の高い商品を現金化してはいけない理由
  • 新幹線の回数券
  • 金券
  • 商品券

この他にもブランド品やゲーム機などの商品の転売でも現金化はできますが、高値で売却することは難しく換金率が60%ほどとなってしまうことも珍しいことではありません。

そのため、こちらの3つの商品が主に自分でする現金化で使われる商品となっているのです。

この中でも特に新幹線の回数券の換金率が高く、大黒屋の買取価格を見てみると92%~94%で買い取りをしていました。

現金化業者では、とても実現できる換金率ではありません。
換金率から見ると、圧倒的におトクなのが換金性のいい商品を使った自分でする現金化です。

換金率はよくてもカードが利用停止になる可能性が高い方法なので、ハイリスクハイリターンな方法だと言えますね。

換金性の高い商品でクレジットカードが利用停止になる理由

換金性の高い商品を現金化してはいけない理由

換金性の高い商品をクレジットカードで購入すると利用停止になってしまう理由は、カンタンに言いますとカード規約に違反した行為だからです。

カード会社はクレジットカードのショッピング枠を現金化することを全面的に認めてはいません。
現金化を利用しようと思っていたのかは、あなたが話さなければカード会社にはわからないことですが、購入頻度や利用金額によって疑いをかけられることはよくあります。

現金化によく使われる新幹線回数券、金券、商品券などの商品は特に厳しく監視されています。
1ヶ月の間に何度も買うようなことをすれば、すぐに利用停止となってしまいます。

ですが、多くのお金を手に入れるためには大量の商品を購入しなくてはなりませんので、換金性の高い商品の現金化は使いがっての悪い方法なのです。

どうしても利用するのなら少額の現金化のときですが、それも利用停止のリスクが高いのでメリットと見合った方法ではありません。

知らないと危険!自分で行う現金化で、商品券や新幹線の回数券を換金した結果の末路…

2016.07.19

このように換金性の高い商品をつかった自分による現金化は換金率こそは高いですが多くのデメリットを抱えている方法なのです・・・。
いくら高い換金率で取引ができるといってもカードが利用停止になる前提だったら嫌ですよね?

しかし、ここで1つ疑問が残ります。
実は、自分で現金化をしていてもカードが利用停止になっていない人もいるのです。

なぜ、その人はカードが利用停止にならずに、自分で現金化ができるのでしょうか?
もしかしたら、これがカード利用停止の対処法となるかもしれません!
早速、利用停止になる人とならない人の違いを確認しましょう。

ということで次はカード会社に現金化が発覚してしまう理由をお話します。

カード会社が警戒している3つのポイント

換金性の高い商品を現金化してはいけない理由

ショッピング枠現金化がカード会社に発覚してしまうと利用停止になる可能性があるということは先ほどお話しましたね。
カードが利用停止になってしまえば、「こち亀」に登場する両津さんのような金欠生活を送ることになる・・・かもしれません。
金欠になるのを防ぐためには、カード会社が何に警戒しているのかを知ることが大切です!

現金化がカード会社に警戒しているポイントはこちらの4つです。

  • 換金性の高い商品を購入。(新幹線の回数券・金券・商品券など)
  • 同じ商品を何個もまとめ買い。
  • 期間を空けずに何度も現金化を利用。

カードが利用停止になってほしくないなら、こちらのポイントは抑えておいたほうがいいですよ。

それでは、こちらの3つのポイントを詳しく紹介しますね。

【利用停止になる原因①】
換金性の高い商品を購入

『新幹線の回数券』『金券』『商品券』といった商品はもっともカード会社が警戒している商品です。
換金性が高いということは現金化でよく使われる商品ということになりますので、現金化をカード規約で禁止しているカード会社からすれば警戒するのは当然ですよね。

とくに新幹線の回数券はとても危険な商品で、自分の生活圏に関わりのない路線のものを買うと、たった一度の購入でカードが利用停止になってしまった人もいるほどです。
不自然でなければ一度は使えるでしょうが、何度も現金化できる商品ではないので利用のときには注意してくださいね。

【利用停止になる原因②】
同じ商品を何個もまとめ買い

換金性の低い商品、『ゲーム機』『ブランド品』であっても同じ商品を何個も購入するのは危険です。

あなたがカード会社の調査員だったとして、プレステ4を5個も10個も購入している人を見たときにどう思いますか?
「同じ商品ばかり買って何に使うんだろう?」と疑問に思いますよね。

カード会社も同じ商品のまとめ買いを見たときに疑問を覚えて、あなたの購入履歴を調査しはじめてしまうのです。
現金化がバレるのも時間の問題となってしまいますので、とても危険な方法なのです。

複数の商品をまとめ買いするような現金化は止めておいたほうがいいですよ。

【利用停止になる原因③】
期間を空けずに何度も現金化を利用する

一度に商品を購入していなかったとしても、まだ安心はできません。
短い期間のあいだに何度も利用してしまうと、カード会社に疑われる原因となってしまうのです。
例えば、おとといは『商品券』、昨日は『ゲーム機』、今日は『ブランド品』なんて商品の買い方をしていたら、すぐにカード会社に利用停止にさせられてしまいます・・・。

もどかしいかもしれませんが、自分による現金化をするときには最低1週間~2週間ほどの期間を空けて利用するようにしてくださいね。


自分で換金性の高い商品を現金化してはいけない理由

いかがでしたでしょうか?
自分による現金化をするときに買う商品には、これだけの多くのデメリットがついています。

  • 自分による現金化は利用停止のリスクが高い
  • 商品の換金性を理解しないと高換金率は望めない
  • 換金性の高い商品ほどカード会社に警戒されている
  • 多くの手間がかかるため、面倒

いくら換金率が高くても、これでは誰も利用しませんよね・・・。
とはいえ、カード会社の警戒しているポイントをしっかりと把握していれば、自分で現金化することも不可能ではありません。

この手間を面倒だと感じる人は現金化業者を。
手間暇が惜しくない人は自分による現金化といった風に利用者によって使い分けると効率のいい現金化ができますよ。

もし、現金化業者を利用したいと思ったのならクレジットカード現金化安心情報サイトSmartChoiceの業者レポートを参考にしてくださいね。

自分で換金性の高い商品を現金化してはいけない理由


クレジットカード現金化初心者に向けた入門講座
使って良かった!クレジットカード現金化優良店紹介

ドコよりも早く!確実に1%でも多く現金化します!
和光クレジット

和光クレジットがお届けするショッピング枠現金化はスゴイ!赤字覚悟で挑戦!業界最高還元率にてお客様をお出迎えします!詳しくはメールにてお申込ください!
コメント

口コミをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「口コミを送信する」ボタンを押してください。

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。