現金化業者が提示する還元率って何ですか?手数料の内訳を公開!

現金化業者が提示する還元率

今すぐお金の用立てをしたい時にクレジットカード現金化は打ってつけの資金調達法ですが、できることなら少しでも多くの額面を手に入れたいというのが本音でしょう。

どの現金化業者も自社サイトには高還元率表記がされていますが、実際は還元率を低く見積もられてしまい公式ホームに書かれていた通りの数値では契約できなかったという人が多いのではないでしょうか。

現金化業者側としては少しでも多くの利益を得たいがため、契約者から手数料と題して送金額から料金を差引くことがあり、実質の還元率は随分と下回ることもあるようです。

一体、現金化業者が提示する還元率って何なのでしょうか?手数料の内訳を公開していきましょう!

現金化の還元率は店舗によって異なる

現金化業者が提示する還元率
クレジットカード現金化は当日中に資金繰りができるということもあって大変人気があります。

送金手配していただくまでの時間は取引する現金化業者によって多少の時間差はありますが、大半のお店が遅くても翌日入金手配はしてくれるでしょう。

クレジットカード現金化を利用する人達はすぐにでもお金が欲しい方ばかりですので送金時間が早い店舗は必然と人気を集めます。

ショッピング枠を使って現金化をすれば即日現金入金が可能です!

2016.03.19

欲をいえば少しでも多くお金を手に入れたいと考えていますので入金時間が早いだけでなく、換金率を高く見積もってくれる現金化業者との契約を希望していることでしょう。

しかし、クレジットカード現金化の還元率は店舗によって異なるので取引する業者の選定は悩んでしまうのではないでしょうか。

現金化業者は表記通りの換金率では取引はしない

現金化業者が提示する還元率
クレジットカード現金化は使用するショッピング枠によって還元率の数値は違います。

それだけでなく、現金化業者によって公言している還元率の数値も異なってくるのです。

こういった事情があるから契約を交わす現金化業者の選考には時間が掛かってしまうのでしょう。

現金化業者が公開している還元率は最高や最大もしくは一律というように店舗ごとに表記の仕方が違うことも気になる所です。

最高や最大で還元率を提示しているとなればその数値で現金化ができるということが可能ということが分かり、一律となれば換金率が変動しないことが把握できます。

しかし、どの現金化業者も表記通りの換金率で取引はしません。

申込みをし身分証明も済ませ手続きを終らせるだけとなりましたが、現金化業者からは実際の還元率を言い渡されるのです。

必ず手数料が差引かれる

クレジットカード現金化では契約する店舗によって還元率だけでなく取引方法も異なります。

現金化業者の公式ホームの還元率は、本来の数値ではありません。

最高や最大あるいは一律と表現の仕方は様々ですが、必ず手数料が差引かれますので契約を交わす際に提示される還元率は公式サイトで見た値から随分と下回ることになります。

キャッシュバック方式の現金化業者との契約でしたら表記されている還元率はあくまで最高(最大)であり手続きの際クレジット決済手数料が掛かると口実を持ち掛けられ振込代金から差引かれてしまうのです。

決済費用だと言われましても内訳が不透明になっており、さじ加減とも取れる料金が差引かれたとしてご不満を持たれる方が多いのではないでしょうか。

クレジットカード現金化は電話とネットだけで取引をするので面を合わせずの契約となりますが、業者は利用者の対応によって足元を掬ってきますので契約者によってはウンと手数料を取られてしまった方もいるのです。

実際にクレジット決済でショッピングをしますと数パーセントの料金が掛かるのは事実ですが、現金化業者が公言している手数料の内訳なんてものは適当で依頼者によって設定金額を変えています。

還元率90%以上はあり得ない

現金化業者が提示する還元率
カードのショッピング枠現金化の換金率は取引業者の気分で決められてしまうことも考えられますので馬鹿げています。

どの現金化業者も自社サイトには還元率90%以上等、表記の仕方は様々ですが100%に近い数値が表示されているのが分かります。

キャッシュバック方式は取引業者から指定されるネットショップにてオンライン決済を行い、クレジット信販会社が認証しましたらご指定の銀行口座にお金が振込まれます。

現金化業者は決済代行会社に依頼者からのクレジット決済を引き受けてもらっているので、使用したショッピング額から何%かが引かれた金額が現金化業者の収益になるのです。

ショッピング枠が10万円で換金率が80%でしたら利用者に振込まれる額面は8万円となりますが、仮に現金化業者が決済代行会社から手数料として5.5%が掛かるとしますと9万4千5百円が提携先からいただきますが、契約者に8万円送金したのであれば収益は1万4千5百円となります。

こういった裏事情により現金化業者は依頼者からできるだけ低い換金率で契約をしようと企んでおり、手数料と題して還元率を引き下げようとしているのです。

利用者に提供する還元率が高くなるに連れて現金化業者の収益が少なくなるのでできるだけ低く見積もり契約にこぎつけようとするのでしょう。

よって、還元率90%以上はあり得ない数値と言えます。

クレジットカード現金化は取引業者によって還元率は異なりますが、数値は店舗ごとに大分差が出てくることも考えられますので比較してみることが良いでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。