何これ!?現金化仲介業者を通したら利用明細書がとんでもないことに!

現金化仲介業者を通したら利用明細書がとんでもないことに!

今やクレジットカードのショッピング枠現金化はグレーゾーンと言われてはいても即日資金調達できることから利用者が増えております。

即日資金繰りをしようと消費者金融で借入を検討しても審査がありますので査定が通るには時間が掛かりますので、当日にお金を用立てることができません。

カード現金化は審査が不要ですし申込みをしてクレジット決済が完了してしまえば指定の金融機関によりますが当日着金での振込みが可能です。

クレジット現金化で使用したショッピング枠はカード会社へ支払いをするだけですから取引業者へ支払う金額は一切ございません。

ショッピング枠現金化は通常のカードの買物と変わりはございませんからクレジット信販会社から届きます利用明細書もしくはWebで支払い金額や購入先を確認することができます。

しかし、キャッシュバック方式の現金化業者と契約しますと利用明細書を見ても購入先が分からないようになっているのです。

クレジット現金化は利用明細書で内訳を確認できる

現金化仲介業者を通したら利用明細書がとんでもないことに!
主なクレジット現金化の取引方法は買取方式とキャッシュバック方式です。

買取方式は現金化業者が指定するお店で商品をお買い求めていただき購入した物を換金してもらうことによってお金の手配ができます。

何処で何を買ったかは本人が直接店頭に出向きますので分かりますが、いくら分の商品を購入したかは時間が経ってしまいますと忘れがちです。

そういった時にクレジット信販会社から届きます利用明細書がありますといつ何処で何を買ったのかが分かります。

クレジット現金化は利用明細書で内訳を確認することができるだけでなく、カード会社へ直接問い合わせていただければ商品を購入した額面と日付も確かめることが可能です。

では、キャッシュバック方式も買取方式と同じように利用明細書で内訳を確認することができるのでしょうか。

キャッシュバック方式は利用明細で内訳を確認できない

現金化仲介業者を通したら利用明細書がとんでもないことに!
買取方式のクレジット現金化は取引業者に何を買っていただくのか指定されます。

来店型ですと店舗所在地から最寄り駅のみどりの窓口で新幹線の回数券を買ってくるよう指示され購入後はお店に出戻り商品を換金してもらい買取代金を手渡され取引が完了です。

ネット取引の買取方式で主に取扱われている品は高級ブランドの鞄や財布の皮物や時計になります。

ハイブランドといってもシャネルやブルガリですと換金は可能ですが高買取率は期待できません。

ネットでの買取方式の現金化業者が求めている物といえばルイ・ヴィトンが多いでしょう。

首都圏内にはルイ・ヴィトンの正規店が無数ありますので商品を購入しようとしたお店に出向き買いたい物が売切れとなっていても他店に在庫があれば取寄せることが可能です。

いずれにしてもクレジット決済でお買い求めていただきますとどのお店で何をいくら分買ったということがカード会社から送られてきます利用明細で確認することができます。

しかし、キャッシュバック方式の現金化業者で契約をしますと利用明細書で内訳を確認することができません。

キャッシュバック方式は全て海外決済での取引

現金化仲介業者を通したら利用明細書がとんでもないことに!
キャッシュバック方式は取引現金化業者が指定するオンラインショップにてクレジット決済で商品をお買い求めていただき買われた品に付帯されている景品が金銭となりますのでもれなくお金が振込まれる仕組みです。

キャッシュバック型のクレジットカード現金化まとめ

2016.03.21

しかし、クレジット信販会社は社会的信頼のない現金化業者を加盟することを許すのでしょうか。

そもそも現金化業者とカード会社は犬猿の仲という位、敵対し合っているわけですからお互いに歩み寄ることは考えられません。

では、どうやって現金化業者は決済端末を導入することができたのでしょうか。

カード現金化を運営している企業は決済代行業者と提携しており依頼者からのクレジット決済は全て仲介してもらっているのです。

キャッシュバック方式の現金化を利用後カード会社から届きます利用明細書を見て驚かれた人はいるのではないでしょうか。

カード会社から送付されます利用明細書を見ても内訳が分からない理由はキャッシュバック方式は全て海外決済での取引だからです。

国外での決済ということもあり日付も時差でずれますし額面もドル建てになっていて購入した場所や商品が不明となっています。

現金化仲介業者で決済を行うとカードに悪影響を及ぼす

現金化仲介業者を通したら利用明細書がとんでもないことに!
キャッシュバック方式の現金化業者で契約をしますと海外決済となることは確実です。

クレジットカードは国内以外の決済端末を通してはいけないという決まりはありません。

しかし、日本にいる人が海外の端末でクレジット決済をしていることはカード会社からしましたら不自然に感じるでしょう。

また、社会ではクレジット現金化で資金調達している人が増えたためカード会社も海外決済の多くはショッピング枠をお金に替えるための使用だということが分かっています。

よって、現金化仲介業者で決済を行うとカードに悪影響を及ぼすのです。

中には、カードを現金化仲介業者で通してしまったため利用停止になり最悪な結末を迎えてしまった人も大勢います。

特にJCBブランドのカードは国内発行となっておりますので海外の端末を通しますとクレジット信販会社が認証しないことがあるのです。

また、無事に決済が成功したとしても現金化業者が仲介をしている代行会社の端末にも悪影響が出るかもしれないということで過剰な手数料を請求されます。

では、海外決済といってもどこの国でカードを通したことになるのかといえば、東南アジア経由になっているようです。

以上が、現金化仲介業者を通したら利用明細書がとんでもないことになる理由となります。

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。