ファクタリングで売掛金を現金化するメリット・デメリットまとめ!資金難の経営者なら絶対に知っておきたい資金調達方法

ファクタリングで売掛金を現金化するメリット・デメリットまとめ

突然ですが、あなたは『ファクタリング』というサービスをご存知ですか?

ファクタリングとは、未回収の売掛金を他会社に売却してお金を作る行為のことです。

この方法ですが、実は経営者にとってかなり有益なサービスなのです。

一般的に企業同士の取引では、現金では取引しません。

掛売り(ツケ)にして決められた期日に一括に支払うというのが常識です。

支払いを一括にすることで手続きを減らせるというメリットもありますが、同時にデメリットもあります。

すぐにお金が手に入らないので、支払いまでの期間が長い場合はお金が無くなってしまい資金難となってしまいやすいのです。

たとえ、会社が黒字でもそれは帳簿上のことで、”黒字なのと手元に現金があることは別”ですよ!

資金難になったときに、ファクタリングが必ず役立つ便利なサービスとなるでしょう。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは?

まずは、ファクタリングとはなんのことなのかをお話していきます。

先ほども言いましたが、ファクタリングとは売掛金を現金化することです。

この方法ですが、資金難になった会社や中小企業に爆発的な人気がある方法なのです。

では、なぜここまでファクタリングが人気となっているのでしょうか?

たとえば、取引先Aに20万円で購入した商品を30万円で売却しました。

30万円(売却金額)―20万円(購入金額)=10万円(利益)

となりますので、この場合は10万円の利益がでたことがわかりますね。

では、この支払いが1年後に支払う売掛金だったら現時点の利益はどうなるのでしょう?

0円(売掛金)―20万円(購入金額)=―20万円(損失)

なんと10万円の利益がでるはずが、マイナス20万円の損失がでてしまったのです!

1年後には売掛金として30万円もらえますので利益がでますが、1年経つまでは損失のままです。

これでは、利益を新たな事業に回すことはできませんよね。

こういった理由から、すぐに売掛金をお金にできるファクタリングが人気となっているのです。

ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリングのメリット・デメリット

では、ファクタリングのメリット・デメリットをお話します。

ファクタリングのメリット

資金難を担保不要で解消できる(キャッシュ・フロー改善)

ファクタリングならキャッシュ・フローを正常化できる

売掛金を担保として現金を借りることはできませんので、資金難におちいった場合は消費者金融や闇金などに借りるしかありません。

しかし、それらの金利はとても高くなっていますので、どこからか借入をするのは根本的な解決にはなっていないのです。

ですが、ファクタリングをすれば売掛金を担保不要でそのまま現金にすることができます。

キャッシュ・フローも改善されますので、資金難を脱出するためのもっとも最適な方法と言えるでしょう。

貸借対照表に負債が記載されない(バランスシートの最適化)

「貸借対照表に負債が記載されないと何かいいことがあるの?」

と思われているかもしれませんが、これも大きなメリットです。

基本的に貸借対照表とは、その会社がどれだけ効率的にお金を稼いでいるのかを見るものです。

会社A:資本金100万円で1週間に20万円稼げる
会社B:資本金100万円で1週間に50万円稼げる

この2つの会社だったら同じ資本金100万円でも会社Bのほうが効率的にお金を稼げてますよね。

そして、この貸借対照表は銀行からの融資を受けるために、とても大切なものなのです!

当然、負債が無ければ貸借対照表は効率的にお金を稼げているようになります。

そして、ファクタリングは売掛金を売っているだけなので負債とは記載されないのです。

結果、どこからかの金融機関から借入をするより、ファクタリングでお金を作るほうがトクになります。

支払い義務が発生しない(売掛金未回収のリスク回避)

ファクタリングは支払いの義務がない

ファクタリングは売掛金が回収不可能になるリスクも肩代わりしてくれます。

売掛金は必ずしも回収できるものではありません。

取引先が倒産してしまったり、資金難で支払い不可能になる可能性だってあります。

しかし、ファクタリングの場合は売掛金の回収の権利をファクタリング会社に売却していますので、こちらからは何も支払う必要が無いのです。

ファクタリング会社がお金を請求してくることは絶対にありませんので安心してくださいね。

ファクタリングのデメリット

換金率が存在している

ファクタリングには換金率がある

ファクタリングでの売掛金現金化は等価ではありません。

必ず手数料としてある程度のお金がかかってしまうのです。

ファクタリングを使ったときの相場は70%~90%だと言われています。

つまり、利用者は必ず10%~30%の損をすることになるのです。

取引先の承諾を得なければいけないこともある

ファクタリングには取引先の許可が必要な場合がある

ファクタリングには、取引先の承諾を得られなければ利用できないこともあります。

その理由は取引先の運営状況によって決められるそうです。

もし、取引先が資金難におちいってた場合、黙ってファクタリングすることはできませんので注意してくださいね。

ファクタリングで事業資金調達をするときの注意点

ファクタリングするときの注意点

このようにファクタリングは中小企業の経営者にとって、都合のいいサービスとなっています。

とはいえ、ファクタリングをすればすべての問題が解決できるというワケではありません。

ファクタリングを利用してとしても解決できない注意点をお話します。

  • 事業資金のためのサービスなので生活資金に回すことはできない。
  • 売掛金30万円~100万円なければファクタリングを利用できない。
  • 取引先が資金難だった場合、手数料が高くなる(貰えるお金が少なくなる)
  • ファクタリングでかかる換金率は業者によって異なる。

ファクタリングを利用したとしてもこちらの4つの問題は解消することができません。

資金難だからといってすぐに利用してしまうと、思わぬトラブルとなってしまう可能性もありますので、ファクタリングを利用するときはファクタリングの仕組みとメリット・デメリットをしっかりと理解しておきましょう。

ファクタリングVSビジネスローンを比較してみた

ファクタリングとビジネスローンを比較

「ファクタリングとビジネスローンってどっちがお得なの?」

おそらく、あなたはこのように考えているのではないでしょうか。

会社に影響することなので経営者ならば一番オトクな方法で現金を作りたいと思うのがふつうですよね。

そこで、資金難のときによく使われるビジネスローンとファクタリングを比較してみました!

ファクタリングの実質的な金利

ファクタリングの実質的な金利

ファクタリングは借入ではありませんので、金利は存在しません。

しかし、換金率が存在しており、その分利用者が損をしていますのでこちらを実質的な金利と過程します。

このことを考えると換金率の相場は10%~30%なので、ファクタリングの金利は10%~30%となりますね。

優良なファクタリング会社を利用すれば金利10%で売掛金の現金化ができますので、とてもお得だと言えるでしょう。

ビジネスローンの金利

ビジネスカードローンの金利

次はビジネスローンの金利を見て行きましょう。

カードローンの金利は金融機関によって異なりますので、こちらをご覧ください。

会社名カードローン名金利
三菱UFJ銀行ビジネスローン年2.35%~9.00%
三井住友銀行ビジネスセレクトローン年2.125%~(変動金利)
オリコビジネスサポートプラン年6.0%~15.0%
オリックスクレジットORIX CLUB CARD年6.0%~17.8%
ビジネクストビジネスローン年8.0%~18.0%
ビジネスパートナースモールビジネスローン年9.98%~18.0%
プロミス自営者カードローン年6.3%~17.8%
アコムビジネスカードサポートローン年12.0%~18.0%
アイフル事業サポートプラン年6.0%~18.0%

こちらを見ると、銀行のカードローンは総じて金利が低いですね。

その後は信販系、最後に消費者金融系と順番に金利が高くなっていきます。

銀行系のカードローンは金利が低くお金を用意できますが、経営者の方ならご存知のように審査がとても厳しいものになっていますので、誰でも気軽に現金を手に入れられるものではありません。

また、その他のビジネスローンも最低金利ならばファクタリングより安くお金を借りることができますが、その後返済することや審査の結果によっては金利が高くなることもありますので、ご注意くださいね。

次はファクタリングとビジネスローンを審査内容で比較していきます。

ファクタリングの審査内容

ファクタリングの審査内容

ファクタリングは利用したとしても売却者が審査を受けることはほぼありません。

というのも、ファクタリングでは売掛金を買い取りますので、売却者が売掛金債権を持っていればどのような人でも関係ないからです。

しかし、売掛金の価値を調べるために売掛先の経済能力を調べることはあります。

  • 社会的信用度
  • 経営状況
  • 会社の経営規模
  • 取引年数

このような情報から売掛先を審査して買取をするかを決めます。

大抵の売掛金は買い取ってもらえますが、売掛先が倒産寸前などあまりにも経営状況が悪かった場合は買い取り拒否されることもありますので、ご注意ください。

ビジネスローンの審査内容

ビジネスカードローンの審査内容

ビジネスローンから借入をする場合は、利用者に返済能力があることが条件となります。

その返済能力を審査で判断しますので、この審査に落ちてしまうと借入をすることはできないのです。

一般的にはビジネスローンの審査では、

  • 事業内容
  • 貸借対照表
  • 会社の信用情報

の3つが重点的に審査されると言われています。

事業内容では、その会社が何をしている業者なのかを。

貸借対照表では、その会社の経済状況を。

会社の信用情報では借入状況や税金などを支払っているかが見られます。

どれかに不備があると審査はかなり厳しくなりますので、資金難におちいっている会社だとビジネスローンの審査は厳しいかもしれません。

ファクタリングを有効活用して事業資金を用意しよう!

ファクタリングを有効活用しよう

いかがでしたか?

ファクタリングとは、売掛金の現金化のことでいつでもお金が用意できることから中小企業の経営者の方には必須アイテムとなっているのです。

資金難を解消したり、キャッシュ・フローを正常化させたりなどの効果も期待できます。

今、あなたの会社が資金難で苦しんでいるのならファクタリングを使ってみてはいかがでしょうか?

審査もゆるく、売掛先に問題がなければ誰でも売掛金現金化することができますよ。

事業資金調達にとても有効なサービスなので、ぜひ利用してみてくださいね。

ファクタリングで売掛金を現金化するメリット・デメリットまとめ


クレジットカード現金化初心者に向けた入門講座
使って良かった!クレジットカード現金化優良店紹介

ドコよりも早く!確実に1%でも多く現金化します!
和光クレジット

和光クレジットがお届けするショッピング枠現金化はスゴイ!赤字覚悟で挑戦!業界最高還元率にてお客様をお出迎えします!詳しくはメールにてお申込ください!
コメント

口コミをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「口コミを送信する」ボタンを押してください。

ABOUTこの記事をかいた人

山田 翔一

はじめまして。 「Smart Choice」の管理人の山田翔一です。 みなさんは『ショッピング枠現金化』をご存知でしょうか? 土日祝でも24時間利用することができ、最短10分で銀行口座に現金が入金されるという大変便利なサービスです。 しかし、現金が絡むサービスである以上、詐欺被害は存在しています。 消費者金融で言うところの闇金のような業者もいるため、安全に現金化をするためには、現金化の幅広い知識が必要となるのです。 そこで、みなさんに本当に必要な情報をお伝えするために当サイトを立ち上げました。 正確な情報だけを厳選するために当サイトでは現役の現金化業者に監修の元に記事を書いています。 「本当の情報をみなさんに即日お届け」 この理念をポリシーに頑張りますので、ぜひ当サイトをご利用ください。